精力の護符/Amulet of Vigor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Amulet of Vigor / 精力の護符 (1)
アーティファクト

あなたのコントロール下で、パーマネントが1つタップ状態で戦場に出るたび、それをアンタップする。


各種タップインパーマネントを支援してくれるアーティファクト

同時期のスタンダードにはタップイントライランド隠れ家、2色ミシュラランドなどタップインの土地は多く、これを最初に置いておくことで失ったテンポを回復できるのならば採用は一考に値する。

モダン12postでしばしば採用されていた。キーカードである雲上の座/Cloudpostヴェズーヴァ/Vesuvaがタップインなので得られる恩恵が大きく、また原始のタイタン/Primeval Titan風景の変容/Scapeshiftなどともシナジーを持つ。

モダンでは他にも、ラヴニカ・ブロックバウンスランドとのシナジーを利用したAmulet Comboも作られ、同デッキキーカードとして使われている。

[編集] 開発秘話

このカードゼンディカーの多くのタップイン土地のタップインを無効化するカードとしてデザインされた。

最初の案は「あなたがコントロールするパーマネントはアンタップ状態で戦場に出る。」という能力を持つ1マナクリーチャーであった。しかし、これにはルールの注釈のように読めてしまう問題があり、ファイルには冗談で「すべてのクリーチャーは召喚酔いする」と付け加えられていたらしい。また、ルール上の問題もあったが、マーク・ゴットリーブは戦場に出た時に誘発する誘発型能力にすることでこのデザインを認めた。

ワールドウェイクのリードデザイナーのケン・ネーグルはこのデザインが気に入ったが、だけではなく全に広めるべき能力とも考え、この能力を内蔵した土地にすることを試みた。その土地は無色マナ1つを生むタップイン土地で、自身の能力によってアンタップ状態になるというものだったが、R&Dでは紛らわしいと言う意見も出た。

土地バージョンは壊れていることが判明したため、ケンは次に1マナアーティファクトにすることを試み、精力の護符に至る。(→Worldwake Me Up Before You Go-Go参照)

[編集] 参考

QR Code.gif