ドワーフの鉱山/Dwarven Mine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dwarven Mine / ドワーフの鉱山
土地 — 山(Mountain)

((T):(赤)を加える。)
あなたが他の山(Mountain)を3つ以上コントロールしていないかぎり、ドワーフの鉱山はタップ状態で戦場に出る。
ドワーフの鉱山がアンタップ状態で戦場に出たとき、赤の1/1のドワーフ(Dwarf)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


エルドレインの王権コモン土地サイクルアンタップインできた場合に1/1のドワーフトークン生成する。

のどかな農場/Idyllic Grange‎同様、とサイクルの相性が比較的悪いうえに能力も地味。競合するエンバレス城/Castle Emberethも使いやすいため、枠を奪われがちである。

ただし、登場時のスタンダード赤単アグロキーカードの一つである災厄の行進/Cavalcade of Calamityと噛み合っており、見た目より確実なダメージ源となるので、リスクを許容できればそれなりの魅力はある。

モダンでは基本でないという点からヴァラクートの選択肢の一つとなり得る。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権の、基本土地タイプを持つ基本でない土地サイクル。自身と同じ基本土地タイプの土地を3つ以上コントロールしていないとタップインになるが、代わりにアンタップインすると誘発するETB能力を持つ。稀少度コモン

Throne of Eldraine Release Notes/『エルドレインの王権』リリースノート」では、エルドレイン/Eldraine僻境/The Wildsの風景を描いたサイクルであるとされているが、公式記事「Planeswalker's Guide to Eldraine/プレインズウォーカーのためのエルドレイン案内」ではのどかな農場のイラスト王国/The Realmの節で使われており、齟齬が生じている。

[編集] 脚注

  1. Eldraine Check, Part 2/エルドレイン・チェック その2Making Magic 2019年9月30日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif