永遠神の投入/Enter the God-Eternals

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Enter the God-Eternals / 永遠神の投入 (2)(青)(青)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体とプレイヤー1人を対象とする。永遠神の投入はそのクリーチャーに4点のダメージを与え、あなたはこれにより与えられたダメージに等しい点数のライフを得る。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上からカードを4枚自分の墓地に置く。動員4を行う。(あなたがコントロールしている軍団(Army)1体の上に+1/+1カウンターを4個置く。あなたが軍団をコントロールしていないなら、その前に、黒の0/0のゾンビ(Zombie)・軍団クリーチャー・トークンを1体生成する。)


クリーチャー4点ドレイン、4枚のライブラリー破壊動員4を行うソーサリー

破格のコスト・パフォーマンスだが、相手クリーチャーがいないと唱えられないため、コントロールデッキ相手に腐りやすいのは欠点と言える。ライブラリー破壊はおまけに近いが、墓地肥やしライブラリー戻ったの対処などに役立つ場合もあるだろう。

豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plentyラゾテプの板金/Lazotep Platingなどによって対戦相手に呪禁が付与されている場合や、ライフを確実に回復したい場合、自身や自身のクリーチャーを対象に取ることもありうる。ライブラリー破壊の影響は微々たるものだし、動員4が何より優先されるケースもあるだろう。永遠神ケフネト/God-Eternal Kefnetあたりなら対象に取っても(対応して火力を飛ばされない限り)落ちることはない。また、タフネス4以下の動員クリーチャーを対象にした場合でも状況起因処理が行われる前に+1/+1カウンターが置かれるため、ダメージを帳消しにできることは覚えておくとよい。

[編集] ルール

  • クリーチャー1体とプレイヤー1人の両方を対象として選ばなければ、永遠神の投入を唱えることはできない。
  • 対象としたクリーチャーのタフネスが3以下であっても、通常与えるダメージは4点であり、あなたは4点のライフを得る。
  • 対象としたクリーチャーが解決時に不正な対象になっていたが、プレイヤーは適正な対象であった場合、ダメージとライフ回復は行わないが、ライブラリー破壊と動員は行う。
  • 対象としたプレイヤーが解決時に不正な対象になっていたが、クリーチャーは適正な対象であった場合、ライブラリー破壊は行わないが、ダメージとライフ回復と動員は行う。
  • 両方の対象が解決時までに不正な対象になっていた場合、この呪文立ち消え、いずれの処理も行われない。
  • これによりクリーチャーが致死ダメージを受けても、この呪文の解決が終わるまでそれは戦場にある。残りの処理がそのクリーチャーの常在型能力の影響を受けたり、誘発型能力誘発させたりすることもあり得る。

[編集] ストーリー

灯争大戦注目の第2章の1枚。永遠衆/Eternalと化したアモンケット/Amonkhet神々、永遠神/God-Eternalが次元橋/Planar Bridgeを通ってラヴニカ/Ravnicaに姿を現した場面を描いている(イラスト)。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif