幸運のクローバー/Lucky Clover

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lucky Clover / 幸運のクローバー (2)
アーティファクト

あなたがインスタントかソーサリーである出来事(Adventure)呪文を唱えるたび、それをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。


出来事コピーするアーティファクト

出来事に限定される分、同系統のミラーリ/Mirariと比べるとマナ・コストが桁違いに軽く、コピーにもマナが不要となっている。元の出来事自体もそこまでコスト性能が低いわけでもなく、上手く機能すると凶悪な性能を誇り、肥沃な足跡/Fertile Footstepsによる大幅なマナ加速恐怖心の収穫/Harvest Fear不敬な洞察/Profane Insightによるハンド・アドバンテージ獲得、そして運命の修正/Alter Fateによる使い回しループなどは特に強力。

ただ、同じく当事者カードアドバンテージを与えるエッジウォールの亭主/Edgewall Innkeeperと違い、コピーがちゃんとアドバンテージを稼いでくれるかはカードや状況によって様々。後述のルールの通り残忍な騎士/Murderous Rider厚かましい借り手/Brazen Borrowerなど相性が悪い場合がある当事者カードもあり、出来事デッキでも常に採用されるカードではない。特に登場当初は非採用型の構築が主流となり影が薄かったが、テーロス還魂記以降は一転してこれをキーカードに据えたティムール・アドベンチャーが主流となっていた。ローテーション後もオムナス・アドベンチャーのキーカードとして活躍し、結果として禁止カードに指定された(後述)。

リミテッドでも依然として強力。集めやすいコモンの当事者カードは独りぼっちのユニコーン/Lonesome Unicornギャレンブリグの木工師/Garenbrig Carverなど空振りを恐れる必要がないカードが多く、またクリーチャーが並びやすいため除去系カードも猛威を振るう。また、深みへの冒険/Venture Deeperを軸にしたライブラリー破壊戦略でもキーカードとなる。

[編集] ルール

[編集] 禁止指定

2020年10月12日より、スタンダード禁止カードに指定される[1]創造の座、オムナス/Omnath, Locus of Creationを禁止にしても出来事デッキが最強の戦略であり続けることが予測され、このカードはそのデッキの強力かつ対処困難なエンジンであったため。

[編集] 開発秘話

このカードは元々出来事を得意とするエンチャントであったが、呪文のコピーはないし役割であり、緑にはふさわしくなかった(緑らしいカード名はその名残と思われる)。この問題を解決するべくアーティファクトに変更され、1マナでは強力すぎることからコストは2マナとされた[2]

[編集] 脚注

  1. October 12, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年10月12日 禁止制限告知(News 2020年10月12日 Ian Duke著)
  2. M-Files: Throne of Eldraine – Red, Green, and the Rest/Mファイル『エルドレインの王権』編・赤緑その他(Play Design 2019年10月11日 Melissa DeTora著)

[編集] 参考

QR Code.gif