王国まといの巨人/Realm-Cloaked Giant

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Realm-Cloaked Giant / 王国まといの巨人 (5)(白)(白)
クリーチャー — 巨人(Giant)

警戒

7/7
Cast Off / 脱ぎ捨て (3)(白)(白)
ソーサリー — 出来事(Adventure)

巨人(Giant)でないクリーチャーをすべて破壊する。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)


全体除去フィニッシャーを兼ねる当事者カード

クリーチャーとしての王国まといの巨人は、警戒を持ちマナレシオも合格点のファッティ回避能力除去耐性などは特に持たないが、全体除去のオマケとしては優秀な部類だろう。

出来事としての脱ぎ捨ては、入れ違いでローテーションした浄化の輝き/Cleansing Novaなどに準拠した5マナのもの。「巨人でない」の一節が曲者で、王国まといの巨人自身の他にも砕骨の巨人/Bonecrusher Giant豆の木の巨人/Beanstalk Giantといった器用な構築級の巨人が同時に登場しているため、この文章の影響は決して小さくない。自分の巨人を戦場に残しながらブロッカーを一掃し攻撃を通すという使い方が考えられる一方で、対戦相手の巨人を除去できないデメリットにもなる。

エルドレインの王権初出時でのスタンダード環境カードプールが狭いこともあり、使いやすい全体除去として採用率は高い。主に競合するのは同じく5マナで「全体除去しつつ自分だけクリーチャーのリソースを残す」という点も近しい時の一掃/Time Wipeテーロス還魂記参入後はより軽くて確実性のある空の粉砕/Shatter the Skyが登場したうえ、環境で幅を利かせている自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrathに対処できないなど弱点が目立つ形に。もともと全体除去の選択肢が少なかったために許容されていたこともあり、ほとんどの場合で空の粉砕と入れ替えられてこちらはまったく採用されなくなった。

[編集] 参考

QR Code.gif