積み込み

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

積み込み(Stacking)とは、

  1. 呪文能力効果により、カードライブラリーの特定の位置に置くこと。特に、複数枚のカードをライブラリーの一番上から望む順番で置くことを指す場合が多い。
  2. 自分に有利になるように、デッキの順序を仕組むこと。当たり前だが、不正行為である。
    • シャッフルしないでゲームを始めようとするプレイヤーがいたら、そのプレイヤーは積み込みをしている可能性がある。その場合はシャッフルを要求できるが、シャッフル後を見込んでの積み込みをしている人もいるため、少しでも怪しいと思うプレイヤーがいたら遠慮なくジャッジを呼ぶべきである。
    • 余談だが、元・手品師のプレイヤーが、どんなにシャッフルしても同じ初手になるというトリックを使って出場停止になっている。
  • 元々は麻雀用語で、牌山に牌を自分に有利なように配置することからきている。
  • 単に積むといった場合、「デッキに(あるカードを複数枚)入れる、搭載する」などといった意味合いになるので注意。詳しくは積むの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif