グランプリシンガポール11

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グランプリシンガポール11/Grand Prix-Singapore 2011は、2011年にシンガポールで開催されたスタンダードグランプリ

新たなるファイレクシア参入後もCaw-Bladeの勢いは衰えず、白青黒型のDark-Bladeも含めて6名がベスト8に入賞した。その一方で中島主税八十岡翔太の日本勢2名はCaw-Blade以外のデッキでベスト8に入賞し、特に赤白上陸を使う中島主税は、惜しくも決勝は落としたものの、それ以外のCaw-Bladeとのマッチすべてに勝利する健闘を見せた。

また、グランプリダラスフォートワース11に引き続き精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptorの採用率は高く、ベスト8のデッキにメインデッキだけで26枚、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenもメインデッキで6枚(さらにサイドボードに3枚)採用された。そのほかには、石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticが八十岡翔太以外の7名にメインデッキで4枚ずつ、定業/Preordainが中島主税以外の7名にメインデッキで4枚ずつ採用された。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

2011シーズン
プロツアー パリ - 名古屋 - フィラデルフィア - 世界選手権(サンフランシスコ)
国別選手権 中国 - 日本 - フランス - オーストラリア - イタリア - アメリカ - ドイツ - スペイン - カナダ - イギリス - ブラジル
グランプリ
名古屋予選 アトランタ - パリ - デンバー - バルセロナ - 神戸
フィラデルフィア予選 ダラスフォートワース - ロンドン - プラハ - プロビデンス - シンガポール - カンザスシティ
ホノルル12予選 上海 - ピッツバーグ - モントリオール - ミラノ - ブリスベン - アムステルダム - サンティアゴ - 広島- サンディエゴ
その他 ヴィンテージ - レガシー - ブロック構築 - 日本レガシー - バトル・オブ・チャンピオン - Limits - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-20052006200720082009201020112012201320142015201620172018
QR Code.gif