Luis Scott-Vargas

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ルイス・スコット=ヴァーガス(Luis Scott-Vargas)は、アメリカのマジックプレイヤー。イベントカバレージや彼自身による記事ではLSVと省略して記されることが多い。

目次

[編集] 概要

Channel Fireballのリーダーであり、世界最強候補に挙げられるプレイヤーである。

プロツアーベルリン08グランプリアトランタ08というプレミアイベントを2大会連続で制覇し、構築リミテッドの双方における力を見せ付けた。また、プロツアーサンディエゴ10では、プロツアー東京01Ryan Fuller以来で新記録となるプロツアー予選ラウンド全勝(16戦)を成し遂げた。

プロツアーでの強さは特筆すべきものがあり昨今のほぼ全てのプロツアーでTop64以上の好成績を収めている。特にプロツアーベルリン08、世界選手権08グランプリロサンゼルス09など、エクステンデッド部門での戦績が目立った。

2015-16年度シーズンでは4度のプロツアーのうち3大会連続Top8という偉業を成し遂げる。

  • 世界選手権16終了後から世界選手権17まで約1年間、2015-16シーズン終了時に引退したRandy Buehlerの代わりに、ウィザーズ社のプレミアイベントカバレージチームの一員となった(参考)。そのため、2016-17シーズン間、(プレイヤーとして)世界選手権16除くプレミアイベントへの参戦をしばらく取りやめている。
  • 2013年マジック・プロツアー殿堂入り。
  • 自他共に認めるドロージャンキー。カードレビューではドローできるカードを他人より高く評価し、本人もそれを持ちネタとしている。

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
2017年 Josh Utter-Leyton - Martin Juza
QR Code.gif