グランプリパリ11

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グランプリパリ11/Grand Prix-Paris 2011は、2011年にフランスのパリで開催されたミラディンの傷跡ブロックリミテッドグランプリ

  • 2011年から始まったマジックウイークエンドのイベントとしてプロツアーパリ11と同時開催された。
  • プロツアーに参加しに来た各国のプロ達がこぞって参加したこともあり、参加人数が非常に多く、当時のリミテッドのグランプリの中では最多の人数。グランプリで唯一、3分割にスプリットされている。
  • Kai Buddeグランプリブリュッセル04以来となる、久々のグランプリベスト8入賞を果たしている(15回目)。PTパリと合わせ生涯プロポイントを500の大台に乗せた
  • パリでのグランプリ開催は2004年2008年2009年に次いで4回目。
  • 日本勢のトップは渡辺雄也の36位。
  • 二日目はPT決勝トーナメントと同日に行われたが、Paul Rietzlはそのどちらにも参加するという強行軍を実践し両方で結果を残す偉業を果たしている(PT2位、GP32位入賞)

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

2011シーズン
プロツアー パリ - 名古屋 - フィラデルフィア - 世界選手権(サンフランシスコ)
国別選手権 中国 - 日本 - フランス - オーストラリア - イタリア - アメリカ - ドイツ - スペイン - カナダ - イギリス - ブラジル
グランプリ
名古屋予選 アトランタ - パリ - デンバー - バルセロナ - 神戸
フィラデルフィア予選 ダラスフォートワース - ロンドン - プラハ - プロビデンス - シンガポール - カンザスシティ
ホノルル12予選 上海 - ピッツバーグ - モントリオール - ミラノ - ブリスベン - アムステルダム - サンティアゴ - 広島- サンディエゴ
その他 ヴィンテージ - レガシー - ブロック構築 - 日本レガシー - バトル・オブ・チャンピオン - Limits - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-20052006200720082009201020112012201320142015201620172018
QR Code.gif