プロツアー名古屋11

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー名古屋11/Pro Tour Nagoya 2011は、2011年に日本で開催されたミラディンの傷跡ブロック構築ブースター・ドラフトプロツアー

ミラディンの傷跡ブロック構築では、事前の予想通り鍛えられた鋼ウィニーが活躍、参加者のうち20.88%がこれを選択した。そして、槌のコス/Koth of the Hammerを軸とした赤単ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolasを軸としたテゼレットコントロールという、ミラディンの傷跡ブロックを代表するプレインズウォーカーたちを主軸とした2つのデッキが続き、この3つで半数以上が占められることとなった(参考/参考)。

優勝したのは、2月のグランプリパリ11で初戴冠を果たしたばかりのDavid Sharfman。日本勢からは角岡利幸藤田剛史の2人がベスト8に入賞した。

  • 決勝戦の模様は、「ニコニコチャンネル」のMTGチャンネルでも生中継された。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者(ミラディンの傷跡ブロック構築/決勝ラウンドドラフト)

[編集] 参考

2011シーズン
プロツアー パリ - 名古屋 - フィラデルフィア - 世界選手権(サンフランシスコ)
国別選手権 中国 - 日本 - フランス - オーストラリア - イタリア - アメリカ - ドイツ - スペイン - カナダ - イギリス - ブラジル
グランプリ
名古屋予選 アトランタ - パリ - デンバー - バルセロナ - 神戸
フィラデルフィア予選 ダラスフォートワース - ロンドン - プラハ - プロビデンス - シンガポール - カンザスシティ
ホノルル12予選 上海 - ピッツバーグ - モントリオール - ミラノ - ブリスベン - アムステルダム - サンティアゴ - 広島- サンディエゴ
その他 ヴィンテージ - レガシー - ブロック構築 - 日本レガシー - バトル・オブ・チャンピオン - Limits - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif