真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kozilek, Butcher of Truth / 真実の解体者、コジレック (10)
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

あなたが真実の解体者、コジレックを唱えたとき、カードを4枚引く。
滅殺4(このクリーチャーが攻撃するたび、防御プレイヤーはパーマネントを4つ生け贄に捧げる。)
真実の解体者、コジレックがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。

12/12

神話レア伝説のエルドラージクリーチャーの1体。これでも、エルドラージ覚醒で登場した3体の中では最も軽い

唱えた時点で連絡/Tidingsに相当する大量のハンド・アドバンテージを獲得できる。高いタフネス以外の除去耐性は無いので無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornと比べるとフィニッシャーとしては少し不安が残るものの、一度でも攻撃できれば滅殺で壊滅状態に持っていけるし、後続も確保しやすいのでさしたる問題ではなく、10マナという重ささえクリアできればこれで十分であるといってよい。

リミテッドでは膠着を一気に打開することができる。重さが気にならないなら採用すべき。

構築ではコジレックより1マナ重く、単純なカード・アドバンテージでは劣るものの、パーマネント破壊により眼前の脅威に即座に対処できて破壊不能も持つウラモグと主に枠を争った。能力自体はアドバンテージを生かすのに1ターン遅れ、除去耐性もないコジレックより即座にアドバンテージにつながり、除去耐性も持つウラモグのほうが評価が高いが、この手のクリーチャーは出現ターンが1ターン変わるだけでも大きく結果が変わることがあるため、1マナの差といえども侮れない。しかし、スタンダードでは原始のタイタン/Primeval Titanという驚異的なマナ加速を行えるクリーチャーがいたため、1マナ程度の差であれば出現ターンに変わりがないことも少なくない。そのため、ウラモグを優先することが多かった。一方、原始のタイタンがいないゼンディカー=エルドラージ覚醒・ブロック構築では、1マナの差が重くのしかかることも少なくないため、コジレックを優先して採用していた。

  • ドローCIP能力ではなく、唱えた時点で誘発するので、通常のCIP能力持ちと様々な違いがある。
    • 召喚の罠/Summoning Trapなどにより、唱える以外の方法で戦場に出した場合はドロー能力は誘発しない。
    • CIP能力の場合は戦場に出てからカードを引くことになるが、コジレックは自身がスタックに乗った後にドロー能力が誘発しスタックに乗るので、カードを引いてから自身が戦場に出る。
    • 唱えた時点でドロー能力が誘発するので、コジレック自身を打ち消すだけではドローを阻止することはできない。ドローとコジレック自身を両方止めたかったら、もみ消し/Stifleとさらに通常の打ち消し呪文の2枚が必要となる。
    • コジレック以外の伝説のエルドラージにも言えることだが、単独のカウンター相手であれば大体の場合何らかのアクション(4ドロー、コジレックの召喚、墓地をライブラリーに戻す)が発生するデザインではあるが、流石に時間停止/Time Stopされてしまっては全ての能力が働かない。
  • 公式サイトで、最も早くお披露目されたエルドラージ。そのカード画像は多くの人々の度肝を抜いた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドラージ覚醒神話レア伝説のエルドラージクリーチャーサイクル

いずれも無色で、唱えたときに誘発する誘発型能力と、墓地に置かれたときに墓地をライブラリーに加えて切り直す誘発型能力を持つ。

[編集] ストーリー

コジレック/Kozilek多元宇宙/Multiverse全体の脅威であるエルドラージ/Eldraziの内の1体。詳細はコジレック/Kozilekを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif