無限ライブラリー破壊

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限ライブラリー破壊 (Infinite Decking / Infinite Library Destruction)とは、無限ライブラリー破壊を行うことで、どんなにライブラリーカードがあってもそれらを全て墓地落とす(または追放する)ことを指す。


Worldgorger Dragon / 世界喰らいのドラゴン (3)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ドラゴン(Dragon)

飛行、トランプル
世界喰らいのドラゴンが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のパーマネントをすべて追放する。
世界喰らいのドラゴンが戦場を離れたとき、世界喰らいのドラゴンが追放したカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

7/7


Animate Dead / 動く死体 (1)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)
動く死体が戦場に出たとき、それが戦場に出ている場合、それは「エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)」を失い、「エンチャント(動く死体により戦場に出たクリーチャー)」を得る。エンチャントされているクリーチャー・カードをあなたのコントロール下で戦場に戻し、動く死体をそれにつける。動く死体が戦場を離れたとき、そのクリーチャーのコントローラーはそれを生け贄に捧げる。
エンチャントされているクリーチャーは-1/-0の修整を受ける。



Ambassador Laquatus / ラクァタス大使 (1)(青)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

(3):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーのカードを上から3枚、墓地に置く。

1/3

ライブラリー破壊は防ぐ手段が少ないため、無限ダメージなどよりもこちらの方が好まれることもある。ただしライブラリーを破壊する手段は限られているため、あまりバリエーションは多くない。

マジック史上、無限ライブラリー破壊を初めて実現可能にしたカードは、テンペストで登場した狂気の祭壇/Altar of Dementiaである。

またキメラ研磨石/Whetstoneワールドゴージャーラクァタス大使/Ambassador Laquatusなど、無限マナから派生して無限ライブラリー破壊でフィニッシュするコンボデッキも存在する。

  • 決まればほぼ勝負が決まるが、即時にゲームが終わるわけではないのは注意。無限ライブラリー破壊の後何もしなければ次の対戦相手ドロー・ステップまで待たなくてはならず、それまでに反撃がある可能性もある。そのため、確実に勝ちたければ、無限ライブラリー破壊の後、対戦相手にドローさせる呪文能力を使おう。
  • 対戦相手無限ドローをさせてライブラリーアウトさせるのも、広い意味でこの仲間に入るかもしれない。
  • ガイアの祝福/Gaea's Blessing伝説のエルドラージが天敵。デッキに1枚混ぜられるだけで勝ち筋を封じられてしまう。
    • 無限に試行することで、理論上いつかライブラリー破壊対策カードだけがライブラリーに残った状態にできるが、このような条件付きの省略総合ルールでサポートされておらず、省略せずに実行しようとするとトーナメントでは遅いプレイと見なされる。
    • CR:719.2aでは「ゲームのイベントの結果によって次の行動が変わるような条件付きの処理は含まれていてはならない。」とこのことが明示されている。

[編集] 主な無限ライブラリー破壊デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif