無限ライブラリー破壊

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限ライブラリー破壊 (Infinite Decking / Infinite Library Destruction)とは、無限ライブラリー破壊を行うことで、どんなにライブラリーカードがあってもそれらを全て切削する(または追放する)ことを指す。


Worldgorger Dragon / 世界喰らいのドラゴン (3)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ドラゴン(Dragon)

飛行、トランプル
世界喰らいのドラゴンが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のパーマネントをすべて追放する。
世界喰らいのドラゴンが戦場を離れたとき、世界喰らいのドラゴンが追放したカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

7/7


Animate Dead / 動く死体 (1)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)
動く死体が戦場に出たとき、それが戦場に出ている場合、それは「エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)」を失い、「エンチャント(動く死体により戦場に出たクリーチャー)」を得る。エンチャントされているクリーチャー・カードをあなたのコントロール下で戦場に戻し、動く死体をそれにつける。動く死体が戦場を離れたとき、そのクリーチャーのコントローラーはそれを生け贄に捧げる。
エンチャントされているクリーチャーは-1/-0の修整を受ける。



Ambassador Laquatus / ラクァタス大使 (1)(青)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

(3):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚切削する。

1/3

ライブラリー破壊は防ぐ手段が少ないため、無限ダメージなどよりもこちらの方が好まれることもある。ただしライブラリーを破壊する手段は限られているため、あまりバリエーションは多くない。

マジック史上、無限ライブラリー破壊を初めて実現可能にしたカードは、テンペストで登場した狂気の祭壇/Altar of Dementiaである。

またキメラ研磨石/Whetstoneワールドゴージャーラクァタス大使/Ambassador Laquatusなど、無限マナから派生して無限ライブラリー破壊でフィニッシュするコンボデッキも存在する。

[編集] 主な無限ライブラリー破壊デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif