壌土のドライアド/Loam Dryad

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Loam Dryad / 壌土のドライアド (緑)
クリーチャー — ドライアド(Dryad) ホラー(Horror)

(T),あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする:好きな色1色のマナ1点を加える。

1/2

バネ葉の太鼓/Springleaf Drumと同じルール文章を持ったマナ・クリーチャー

1マナ軽く、どんな色マナでも生み出すことができる点は有り難いが、バネ葉の太鼓と同様に単体ではマナを出すことができない点が弱点。マナ・クリーチャーとしては不安定で扱いづらさが目立ってしまうため、マナ加速目的ならば死天狗茸の栽培者/Deathcap Cultivator‎などのシンプルなものを優先したいところ。一方、どんな色のマナでも生み出せる1マナのマナ・クリーチャーは貴重であるため、多色デッキにおけるマナ基盤の安定化を狙うなら採用を一考できる。採用する際はタネとなるクリーチャーを確実に用意できるようデッキ構成に気を使いたい。

スタンダードでは展開力を重視するアリストクラッツに採用され、その変形デッキである4色謎の石デッキでも多色マナ基盤を支えている。

リミテッドにおいても扱いづらさは否めないが、前述のとおり多色デッキにおける色事故回避要員として一定の価値がある。

[編集] 参考

QR Code.gif