ドラフト点数表/アラーラの断片

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

7点:アクラサの従者/Akrasan Squire - C
序盤はアタッカーとして、中盤以降はシステムクリーチャーとして便利。
3点:天使の伝令/Angel's Herald - U
浄火の大天使/Empyrial Archangelを取れていれば+2点。
6点:天使の祝祷/Angelic Benediction - U
賛美テンポデッキなら+1点。
4点:天使歌/Angelsong - C
サイクリングもついているので、呪文がよほど足りないときに。
6点:バントの戦闘魔道士/Bant Battlemage - U
青なら+1点。回避能力を付けられるのは便利。飛行は対戦相手が枝分かれの稲妻/Branching Bolt等を使ってくる時に役立つ。
9点:戦誉の天使/Battlegrace Angel - R
除去られなければエンドカード。
3点:活力の揺り篭/Cradle of Vitality - R
弱い。
5点:祓い士の薬包/Dispeller's Capsule - C
ナイスサイド。
9点:遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant - M
劣勢をひっくり返す力はないものの、やはり強力。
6.5点:エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist - R
熊。能力はおまけ。
6.5点:破門/Excommunicate - C
貪食対策、賛美テンポ等使い道は多い。
7点:アクラサの守護者/Guardians of Akrasa - C
地上ブロッカー。賛美もタフネスに噛み合う。
6点:華麗なる突風乗り/Gustrider Exuberant - C
パワー5以上が4枚以上なら+0.5点。
3点:無敵の賛歌/Invincible Hymn - R
リミテッドでは撃てる頃にはライブラリーの枚数はライフと大差ないだろう。
6.5点:天望の騎士/Knight of the Skyward Eye - C
緑合うなら+1.5点。能力でパワー5以上の条件を満たせる。
6.5点:白蘭の騎士/Knight of the White Orchid - R
白が濃ければ+0.5点。4マナ域くらいで考えるといい。
6点:イーオスの騎士長/Knight-Captain of Eos - R
地上ブロッカー。回避能力クリーチャーが多ければ。
2点:大理石の杯/Marble Chalice - C
弱い。
6点:機械医師/Metallurgeon - U
単体でも再生持ちクリーチャーとしてブロッカーに回せる。アーティファクト濃いなら+0.5点。
8点:忘却の輪/Oblivion Ring - C
万能除去。
6点:イーオスのレインジャー/Ranger of Eos - R
4マナ3/2。能力はおまけ。
6.5点:圧倒する静寂/Resounding Silence - C
色が合えば+0.5点。攻撃してきたファッティを除去できれば御の字。
6.5点:岩投げの小隊/Rockcaster Platoon - U
7マナ域の仕事はする。緑合うなら+0.5点。
7点:聖域のガーゴイル/Sanctum Gargoyle - C
腐っても4マナ2/3飛行。アーティファクト濃いなら+1点。
8点:災いの砂時計/Scourglass - R
即効性はないが、全体除去は強力。アーティファクト濃いなら+1点。
6点:目明き階級の魔術師/Sighted-Caste Sorcerer - C
賛美。被覆もちにもなるが、こいつをねらって除去されることは少ない。
7点:印章持ちの聖騎士/Sigiled Paladin - U
白が濃いなら+1点。これ一人で3/3先制は十分とまらない。
2点:魂の優雅さ/Soul's Grace - C
天使歌を弱くした感じ。
6.5点:太陽の種の育種士/Sunseed Nurturer - U
無色とはいえ、マナクリーチャー。能力も賛美絡みで満たしやすい。
6.5点:天空の先達/Welkin Guide - C
2/2フライヤー。ファッティが一度飛行になって殴れるのでマナカーブがあえば。
6点:鋤引きの耕し獣/Yoked Plowbeast - C
サイクリングファッティは腐らない。

[編集]

6.5点:後追いの呼び声/Call to Heel - C
コンバットトリック兼アドバンテージ。テンポを取るには向かないが、消耗戦に強い。
6点:取り消し/Cancel - C
ナイスサイド。呪文の枚数足りなければメインでもよい。根本原理を見たら入れよう。
4点:垂れ流しの達人/Cathartic Adept - C
破門の枚数次第で+α。
7点:雲荒れの原のドレイク/Cloudheath Drake - C
リミテッドなら十分なアタッカー。結構重い環境なので出やすい。
5点:昏睡のヴェール/Coma Veil - C
重いが、一応擬似除去。除去枚数足りなければ。
6点:急使の薬包/Courier's Capsule - C
リミテッドのカード・アドバンテージは構築より高い。前半から終盤までいつでも役に立つ。
7点:精神の誓約/Covenant of Minds - R
なんといってもドロー。見せたカードが強力でも2,3枚捨てられない限り希望がある。
6点:暁の光の射手/Dawnray Archer - U
色があえば+1点。後方支援できる優良クリーチャー。能力がかなり使いやすい。
6点:エスパーの戦闘魔道士/Esper Battlemage - U
色が一色合うごとに+1点。除去にプリベンターとどちらもリミテッドでは有用。
7点:エーテリウムの天測儀/Etherium Astrolabe - U
死んでしまいそうなアーティファクトをドローに変換できる。くぐつの妖術師/Puppet Conjurerがあるなど、アーティファクトが濃いなら+1点
6点:エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptor - C
アーティファクトが濃いなら+1点
7点:命運縫い/Fatestitcher - U
若干重いものの、マナのかからないタッパーは強力。
6点:金線の賢者/Filigree Sages - U
クリーチャーが足りなければ。能力はおまけ。
6点:標本集め/Gather Specimens - R
対戦相手のフィニッシャーを奪える。膠着しやすいデッキ同士なら。
5.5点:ジェスの監視人/Jhessian Lookout - C
タフネス1はこの環境活躍しにくい。
7点:カターリの金切り声上げ/Kathari Screecher - C
3マナ2/2飛行。蘇生もついて使いやすい。
8点:ケデレクトのリバイアサン/Kederekt Leviathan - R
テンポアドバンテージの固まり。
7点:エーテリウムの達人/Master of Etherium - R
アーティファクト濃いなら+2点
4点:記憶の浸食/Memory Erosion - R
対戦相手にどうしようもないカードがあるときに。
2点:精神固めの宝珠/Mindlock Orb - R
弱い。
6.5点:ジェスの先導/Outrider of Jhess - C
4マナクリーチャーとして最低限の仕事はする。
5点:原始物の粉/Protomatter Powder - U
アーティファクト次第。
6.5点:圧倒する波/Resounding Wave - C
色が合うなら+0.5点。
9点:破片撒きのスフィンクス/Sharding Sphinx - R
6マナ4/4飛行+αで能力も強い。うまくいけば倍々に増えていく。
6点:技を借りる者/Skill Borrower - R
デッキ次第。
5点:呪文摘み/Spell Snip - C
無駄になりにくい。
3点:スフィンクスの伝令/Sphinx's Herald - U
スフィンクスの君主/Sphinx Sovereignを取れていれば+2点。
6.5点:鋼覆いの海蛇/Steelclad Serpent - C
青のファッティ。6マナシングルシンボルとしてみれば十分なサイズ。
6点:求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker - M
アーティファクト濃ければ+2点。
4点:陸亀の体勢/Tortoise Formation - C
トリックが足りないときに。
4点:ヴェクティスの口封じ/Vectis Silencers - C
色があうなら+2点。

[編集]

4点:むかつき/Ad Nauseam - R
自分のライフを削りハンドアドバンテージを得るのかどうか。重いカードがほとんど入っていないデッキなら思い切って4~5枚ドローもあり。しかし、そんなに引ける状況なら基本は勝てている。
7点:アンクスの大悪魔/Archdemon of Unx - R
6/6飛行トランプルが1~2回殴ればゲームが終わる。トークン生成できるなら+1点。
3点:破滅蜂の苦悩/Banewasp Affliction - C
弱い。
6点:水膨れ虫/Blister Beetle - C
ティムなどと組み合わせて使おう。
8点:骨の粉砕/Bone Splinters - C
黒でも対象にとれる優秀な確定除去。蘇生との相性がよい。再生されるのには注意。
5点:死体の鑑定人/Corpse Connoisseur - U
能力は基本使わない。蘇生できる3/3位に考えよう。
5.5点:狡猾な忘術士/Cunning Lethemancer - R
3マナ2/2。アドバンテージは失わない。対戦相手のデッキが重いなら。
6.5点:死の男爵/Death Baron - R
きちんと取れていれば+1点。黒の濃いデッキなら期待していいだろう。
4点:死を出迎える者/Deathgreeter - C
クリーチャーがよほどたりなければ。
3点:悪魔の伝令/Demon's Herald - U
束縛の皇子/Prince of Thrallsを取れていれば+2点。
5点:屑肉を引き裂くもの/Dreg Reaver - C
マナカーブ埋め用。
6.5点:屑肉の地のゾンビ/Dregscape Zombie - C
蘇生コストが安く、中盤以降も器用に動ける。蘇生デッキの基本カード。
8点:処刑人の薬包/Executioner's Capsule - C
闇への追放を内蔵するアーティファクト。環境に大きめのクリーチャーが多く、タフネスに関係なく殺せる除去は貴重。
6.5点:肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder - U
クリーチャーとしてはそれほど強くないので、自身を生け贄にすることもしばしば。蘇生のお供に。
5点:霞の悪鬼/Glaze Fiend - C
エスパーでアーティファクトがたくさんあるなら+1.5点。
6点:グリクシスの戦闘魔道士/Grixis Battlemage - U
青が合うなら+1点。ルーター能力は事故を減らす。
3点:不死のコイル/Immortal Coil - R
たしかに擬似的にライフは増えるが、墓地破壊も多々あるのであまり使いたくない。
8点:蔓延/Infest - U
ダブルシンボルがきつく、また一番殺したいクリーチャーを殺せない、なんてことも多い。とはいえ、全体除去はやはり強い。
バント等の小型クリーチャーを賛美で強化するデッキには有効。
5点:縞瑪瑙のゴブレット/Onyx Goblet - C
少しずつだが確実にアドバンテージを得られる。ただしなるべく入れたくない。実質は3マナ1/1アンブロッカブル。
5点:くぐつの妖術師/Puppet Conjurer - U
青が合うなら+2点。チャンプブロッククリーチャー製造要員。骸骨のカターリ/Skeletal Kathari霞の悪鬼/Glaze Fiendなどコモンに好相性のカードも多い。
4点:圧倒する叫び/Resounding Scream - C
色が合うなら+1点。
6.5点:回収するタイタン/Salvage Titan - R
アーティファクトが濃ければ+1.5点。黒のタフネス4と、除去にもある程度耐えられるのが嬉しい。
6.5点:ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake - U
微妙なサイズ。とはいえ、除去の多い環境なのでそれなりに活躍はする。
4点:影餌付け/Shadowfeed - C
蘇生対策だが、入るスペースはない。
5.5点:岸の噛みつき/Shore Snapper - C
自分が青で対戦相手に島があるなら+1点。
7点:骸骨のカターリ/Skeletal Kathari - C
パワー3の飛行は優秀。除去耐性も心強い。
8点:タールの悪鬼/Tar Fiend - R
貪食持ちのクリーチャーはバウンスや除去に弱いが、能力のおかげで他よりは活躍しやすい。サイズも大きくエンドカードになりえる。
5.5点:アンデッドのレオトー/Undead Leotau - C
赤が合うなら+1.5点。
9点:血流を飲む者/Vein Drinker - R
強力な除去内蔵のフィニッシャー。対戦相手によっては能力の返しで除去を食らう可能性があるので注意したい。
7点:臓物を引きずる者/Viscera Dragger - C
サイクリングもあるので使いやすい。4マナ3/3と基本スペックなのもよい。

[編集]

7点:血焚きの精霊/Bloodpyre Elemental - C
とりあえずシングルシンボルの除去。中堅を焼くのに助かる一枚。
3点:血茨のなじり屋/Bloodthorn Taunter - C
速攻をつける必要があまりない。
9点:カルデラの乱暴者/Caldera Hellion - R
全体火力をばら撒きながら出てくるフィニッシャーは非常に強力。ローウィンの雷雲のシャーマン/Thundercloud Shamanに比べ、かなり使いやすいのもプラス。
1点:火のるつぼ/Crucible of Fire - R
ドラゴンが取れていたとしても不要。
6.5点:ドラゴンの餌/Dragon Fodder - C
序盤の基本。貧食との相性もよい。
3点:ドラゴンの伝令/Dragon's Herald - U
ヘルカイトの首領/Hellkite Overlordを取れていれば+2点。
6.5点:あふれ出る火焚き/Exuberant Firestoker - U
無色とはいえマナクリーチャーは役に立つ。能力は緑絡みなら役に立つ。
9.5点:炎破のドラゴン/Flameblast Dragon - R
でかい飛行のX火力とわけのわからない性能。
5~7点:ゴブリンの突撃/Goblin Assault - R
(5点)毎ターン生贄用トークンが一体出てくる。ただし他のゴブリンに害が及ぶ。
(7点)ブロッカーが排除されればどんどん増える。火力とセットで。貪食持ちとも相性良し。--GR 2010年1月18日 (月) 18:01 (JST)
4.5点:ゴブリンの山岳民/Goblin Mountaineer - C
サイドボード要因。対戦相手に山があるなら+1点。
6点:地獄の雷/Hell's Thunder - R
押している状況でしか使えない、再利用可能本体4点火力。
7点:風切るイグアナール/Hissing Iguanar - C
ピック次第で相当数のライフを削る。3ターン目に出せると5~6点は削れる。
6点:不治のオーガ/Incurable Ogre - C
頭でっかちだが、パワー5は評価できる。
6点:ジャンドの戦闘魔道士/Jund Battlemage - U
緑が使えれば+1点。黒は若干悠長。
6点:稲妻の鉤爪/Lightning Talons - C
パワー5以上になれば、攻防両面で非常に有用。しかし除去が多い環境のためアドバンテージ損失も痛い。
7点:マグマのしぶき/Magma Spray - C
優良火力。蘇生対策にも。
8点:捕食者のドラゴン/Predator Dragon - R
色拘束とボードアドバンテージの問題があるが、それさえ何とかなれば。貪食しなくても4/4飛行なので問題は無い。
8点:圧倒する雷/Resounding Thunder - C
基本火力。かつサイクリングが最後のひと押しに活躍してくれる。
5.5点:峠のラネット/Ridge Rannet - C
サイクリングがあるので、他に入るカードがなければ一応デッキには入りうる。
7点:崖崩れの精霊/Rockslide Elemental - U
カウンターは2個乗っかれば十分。
6.5点:災いの悪魔/Scourge Devil - U
最後の一押し。
6.5点:骸骨化/Skeletonize - U
黒が合うなら+0.5点。
7点:魂の火/Soul's Fire - C
使い方が難しいが、十分使える。クリーチャー薄いなら-1点。
6点:茨団のヴィーアシーノ/Thorn-Thrash Viashino - C
緑が合うなら+0.5点。4/4トランプルは十分なアタッカー。
6.5点:雷団の古老/Thunder-Thrash Elder - U
デカイ。しかし食いすぎは禁物。
3点:ヴィーアシーノの骸骨/Viashino Skeleton - C
マナコストとサイズが見合わない上に再生コストもきつい。
2点:不純な影/Vicious Shadows - R
重すぎる上に、速効性が無い。
7.5点:ヴィティアのとげ刺し/Vithian Stinger - C
ピンガーが役に立たないことはない。蘇生も一押しに。
5点:火山流埋め/Volcanic Submersion - C
ナイスサイド。対戦相手のマナを壊すもよし、アーティファクトを壊すもよし、サイクリングしてもよし。一枚はサイドに欲しい。
5点:古霊の踏み行く処/Where Ancients Tread - R
パワー5以上が4枚以上なら+1.5点。これからプレイヤーに10点飛ばして勝つなんてこともある。

[編集]

7点:藻のガリアル/Algae Gharial - U
簡単な除去にタッチして使うと見る間に巨大になる。全体2点火力が普通なので、カウンターは2個乗せられる状況で使いたい。
3点:ビヒモスの伝令/Behemoth's Herald - U
神祖/Godsireを取れていれば+2点。
7点:洞窟のソクター/Cavern Thoctar - C
6マナ5/5は優秀なファッティ。
7点:宮廷の射手/Court Archers - C
タフネス3、到達、賛美と弱いことがない。
6.5点:シーリアのエルフ/Cylian Elf - C
熊。
7点:アニマのドルイド/Druid of the Anima - C
色事故を防ぐ素晴らしいマナエルフ。ナヤカラーでプレイするなら+1点。
7点:鼓声狩人/Drumhunter - U
パワー5以上が多ければ+1点。緑は条件を達しやすく、さらに得るものがカードアドバンテージ。マナが出せるのも噛み合った能力。
6.5点:エルフの幻想家/Elvish Visionary - C
事故を減らす、貪食、チャンプと痒いところに手が届くカード。
8点:残忍なハイドラ/Feral Hydra - R
5マナ~くらいからプレイしたい。ほっとくと太る。
7点:ガルガンチュアンの贈り物/Gift of the Gargantuan - C
なんといってもドロー。4枚の中から好きに選べるのでよい。
5点:神触れ/Godtoucher - C
白が合うなら+0.5点。
7点:ジャングルの織り手/Jungle Weaver - C
サイクル中で書いてあることが一人だけおかしい。
6点:大祖始の守り手/Keeper of Progenitus - R
対戦相手も加速する。
3点:生い茂る成長/Lush Growth - C
マナ加速しないオベリスク。
4点:強き者の発現/Mighty Emergence - U
オーバーキル。
7点:魔力軟体/Manaplasm - R
序盤から殴りにいける。インスタント呪文がすべてコンバットトリックになるのもすばらしい。でも後半引くとちょっと空気。
7点:モストドン/Mosstodon - C
チャンプを許さない性能。緑なら一枚は欲しい。タフネス3が玉に瑕。
9点:マイコロス/Mycoloth - R
1ターン生き延びればこちらのペースになる。2ターン生き延びればゲームが決まる。
5.5点:帰化/Naturalize - C
メインかサイドかに意見が割れるが、いずれにせよ1枚は欲しい。
6点:ナヤの戦闘魔道士/Naya Battlemage - U
一色合うごとに+1点。タッパーのほうが重要だが、赤能力も十分に便利。
4点:軟泥の庭/Ooze Garden - R
悠長すぎる。
6.5点:圧倒する咆哮/Resounding Roar - C
色が合うなら+0.5点。攻撃が通った瞬間にサイクリングで使うと対戦相手の計算が狂う1枚。サイクリングできなくとも、1マナ重いだけの巨大化なので使い勝手がよい。
8点:ロウクスの突撃者/Rhox Charger - U
弱いことが書いていない。
5~6.5点:サシーリウムの神語り/Sacellum Godspeaker - R
(6.5点)能力がたまに強い。
(5点)大型クリーチャーを大量投入しないと当てにできないマナ能力。--GR 2010年1月18日 (月) 18:01 (JST)
3点:凶暴な飢え/Savage Hunger - C
怨恨を弱くするとこうなる。
6点:髑髏覆い/Skullmulcher - R
トークン生成できるなら+0.5点。テンポアドバンテージをハンドアドバンテージに変える。
6点:魂の力/Soul's Might - C
トランプルをつける手段があるならマナに見合う活躍はしてくれる。
8点:槍折りのビヒモス/Spearbreaker Behemoth - R
破壊されないだけで勝てる。
7点:トーパの苦行者/Topan Ascetic - U
自身もタップできるので、ブロッカーとしても優秀。賛美デッキだと+1点。ナイスアタッカー。
5点:野生のナカティル/Wild Nacatl - C
一色合うごとに+1.5点。重い環境なので、こいつでゲームが決まることもありえる。

[編集] 多色

7.5点:苦悶のねじれ/Agony Warp - C
除去と共にライフアドバンテージを得たり、1対2交換が狙える。エスパーよりはグリクシス向き。
8.5点:復讐のアジャニ/Ajani Vengeant - M
除去二回が基本。ソーサリータイミング以外はネックが何もない。
8点:バントの魔除け/Bant Charm - U
インスタント確定除去。
6点:荒廃稲妻/Blightning - C
環境のスピードがそこまで遅くなく、シールドの時ほどの強さは発揮しない。
7点:血の信者/Blood Cultist - U
タフネス1が居なくても戦闘の補助として使っていくだけで大きくなる。
7点:枝分かれの稲妻/Branching Bolt - C
1:2交換を目指して唱えることになるだろう。とりあえず色が合うなら取っておいてもよい。
6点:輝く根本原理/Brilliant Ultimatum - R
土地+何かをプレイできる。使えなくはない。
9点:若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon - R
1枚で2枚の働きをする典型的な優良クリチャー。このサイズの飛行が2体いるならゲームが決まる。
7.5点:猛きセロドン/Bull Cerodon - U
速攻持ちのファッティは対戦相手の計算を狂わせられる。おまけに警戒で防御も安心。
7点:腐肉団/Carrion Thrash - C
血焚きの精霊/Bloodpyre Elementalなど、戻すものには事欠かない。サイズもグッド。
3点:朗々たる根本原理/Clarion Ultimatum - R
基本土地以外のパーマネントはいくつも選べないだろう。
8点:残酷な根本原理/Cruel Ultimatum - R
撃てばほぼゲームエンド。アドバンテージの塊。
6.5点:器用な決闘者/Deft Duelist - C
序盤の優秀なクリーチャー。賛美系がたくさんあるなら+0.5点。
7点:浄火の大天使/Empyrial Archangel - M
でればすごく役に立つシリーズ。ファッティに一番困る除去耐性を持っているのがよい。が、やはりネックはマナコスト。
6点:エスパーの魔除け/Esper Charm - U
忘却の輪を割れる、くらいの価値。基本2ドロー。
7.5点:火炎地のオーガ/Fire-Field Ogre - U
クリーチャー戦でこいつに勝てるのはあまりいない。蘇生もパワー4なので非常に役に立つ。
6点:ゴブリンの死の略奪者/Goblin Deathraiders - C
この環境、2ターン目に出せるといいクロックを刻む。後半は貪食のエサに。
7点:神祖/Godsire - M
でればすごく役に立つシリーズ。除去されなければ勝ちだが、こいつが出るころにはたいてい決着はついている。
8点:グリクシスの魔除け/Grixis Charm - U
すべての能力が強い。基本は除去。
8点:ヘルカイトの首領/Hellkite Overlord - M
出ればすごく役に立つシリーズ。速攻トランプル飛行と、奇襲性が高く出せるとほぼゲームエンド。狙う価値はある。
6点:妨げる光/Hindering Light - C
マナに余裕の残りやすいデッキ(賛美系など)なら役に立つ。
7点:ジェスの浸透者/Jhessian Infiltrator - U
2マナ2/2アンブロッカブル。滅消の杭や印章があるとゲームが終わる。
8点:ジャンドの魔除け/Jund Charm - U
全体除去の能力が優秀。コンバットトリックも悪くない。
7点:ケデレクトの忍び寄るもの/Kederekt Creeper - C
2点クロッカー。ブロックされたなら1:2交換、ブロックに回っても対戦相手のファッティと相打ち。グリクシスのメインコモン。
6.5点:アミーシャの口づけ/Kiss of the Amesha - U
7点ライフと2枚はいいアドバンテージ。地上を無視して飛行で殴るデッキなら居場所はある。
8点:血編み髪のクレシュ/Kresh the Bloodbraided - M
マスト除去。ほっとくとすごく大きくなる。魂の火/Soul's Fire があればゲームが終わる。
6点:アニマのメイエル/Mayael the Anima - M
白・赤のサイクリングクリーチャーを4~5枚くらい入れておくととんでもないパワーを発揮する。
遅い順目で取れるのならば、特殊なアーキタイプを作れる隠れたナイスガール。サイズも悪くない。
8点:ナヤの魔除け/Naya Charm - U
基本3点火力。タップ能力もファッティを通してゲームエンドを狙える。
7点:屍からの発生/Necrogenesis - U
蘇生を邪魔できたり、貪食やチャンプブロック用と腐らない。
6.5点:束縛の皇子/Prince of Thralls - M
サイクルの他のカードほどには役に立たない。こいつが出るころには除去等はほぼ撃ち切っている。対戦相手に再生持ちのクリーチャーがいると……。
6点:無知の処罰/Punish Ignorance - R
リミテッドでは居場所はあまりない。が、それでも対戦相手のやばいカードを見たら入れてもいいだろう。
7点:クァーサルの伏兵/Qasali Ambusher - U
たいていの場合、インスタントタイミングでプレイされる。サイズもよく、ナイスブロッカー。もちろん攻撃にも参加できる。
8点:数多のラフィーク/Rafiq of the Many - M
除去されなければほぼ勝ち。死に安いのが玉に瑕だが、プレイングさえ気をつければ最低一回は付加できる。軽い青のバウンスなどとあわせる守備的なプレイングもありだろう。
7点:熊手爪のガルガンチュアン/Rakeclaw Gargantuan - C
モストドンの先制攻撃版。役に立たないわけがない。
6点:領土を滅ぼすもの/Realm Razer - R
派手な能力だが、6マナにしては決定力にかける。
7.5点:ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk - U
賛美させるとひどいライフアドバンテージになる。タフネス4も優秀。
6点:切り裂き隊の壊し屋/Rip-Clan Crasher - C
強化されたように見えて実は劣化熊。ダブルシンボルよりは出やすいけど…。
5点:サングライトのうねり/Sangrite Surge - U
モストドン、茨団のヴィーアシーノなどに撃てればエンドカードにはなる。決め手にかけるデッキにどうぞ。
8.5点:サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol - M
実は3つ目の能力が主。一つ目の能力を使いながらも守ることになるというなんだかよくわからないカード。
8点:セドラクシスの死霊/Sedraxis Specter - R
3マナ3/2フライヤー、除去されなければクロックとともにアドバンテージ。タフネス2がネック。
8.5点:裏切り者の王、セドリス/Sedris, the Traitor King - M
6マナ5/5。出して蘇生し続けてれば対戦相手が勝手に息切れしてくれる。血焚きの精霊/Bloodpyre Elementalが大活躍。
8.5点:覇者シャルム/Sharuum the Hegemon - M
6マナ5/5フライヤーにアドバンテージ。黒なのもグッド。
8点:印章の祝福/Sigil Blessing - C
巨大化に戦士の誉れのおまけ。コモンのコンバットトリックの中では最優秀。
7点:スフィンクスの君主/Sphinx Sovereign - M
出るとすごく役に立つシリーズ。ほぼ9点クロッカー。出たターンに3点回復できることも見逃せない。ただし、アーティファクト。
8点:芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax - U
死んでも役に立つ。貪食との相性は最高。
7点:ヴァレロンに仕える者/Steward of Valeron - C
2ターン目に出せるとデッキがブン回る。
8点:冷静な天使/Stoic Angel - R
賛美と組み合わせるとひどいことに。
6点:急転回/Swerve - U
悪くはないが、受身的。
4点:思考切りの工作員/Thoughtcutter Agent - U
いくらなんでも悠長。
7点:潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler - U
熊にアドバンテージ。
7点:潮の虚ろの大梟/Tidehollow Strix - C
2マナ接死飛行。殴ってもブロックしてもよし。欠点はタフネスが1。
8点:タイタンの根本原理/Titanic Ultimatum - R
クリーチャーが3体以上並んでる状況で撃てれば勝ち。
7点:塔のガーゴイル/Tower Gargoyle - U
エスパーの重要クリーチャー。
8点:暴力的な根本原理/Violent Ultimatum - R
純粋な1対3交換。クリーチャー3体が基本か。
7点:波掠めのエイヴン/Waveskimmer Aven - C
タフネス4がグッド。賛美飛行と一人で3点クロッカーになれるのもいい。
6.5点:風生みの魔道士/Windwright Mage - C
書いてあることは貧弱なのだが、エスパーにはほしいクリーチャー。絆魂が予想以上に役に立つ。
7.5点:長毛のソクター/Woolly Thoctar - U
先攻3ターン目に出せれば一体で10点くらい持ってってくれるカード。後半引いてもサイズ的に腐らない。

[編集] アーティファクト

1点:死者の鏡/Lich's Mirror - M
入れても意味がない。いったいなにをするのか。
7点:下僕の反射鏡/Minion Reflector - R
終盤のファッティや、回避持ちをコピーするだけで対戦相手のライフがみるみるうちに減っていく。
6点:バントのオベリスク/Obelisk of Bant - C
マナ補助用。5色サイクリングのような、後半マナを必要とするデッキに。
6点:エスパーのオベリスク/Obelisk of Esper - C
6点:グリクシスのオベリスク/Obelisk of Grixis - C
6点:ジャンドのオベリスク/Obelisk of Jund - C
6点:ナヤのオベリスク/Obelisk of Naya - C
7点:滅消の杭/Quietus Spike - R
トークン生成できる、回避持ちが多いなら+1点。ジェスの浸透者などの回避能力持ちにつくと、あっという間にライフを持っていかれる。
6点:大祖始の遺産/Relic of Progenitus - C
蘇生対策兼キャントリップ。渋い動きをする。
8点:卓越の印章/Sigil of Distinction - R
なんでもフィニッシャーサイズにしてくれる。マナを使い切った後にすぐ装備できるのもよい。アドバンテージを得られるわけではないのがネック。

[編集] 土地

7点:秘儀の聖域/Arcane Sanctum - U
二色あえば十分。
6.5点:バントの全景/Bant Panorama - C
二色あえば十分。デッキ圧縮もできる。自分の断片にあったものが1枚は欲しい。
7点:崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis - U
6.5点:エスパーの全景/Esper Panorama - C
6.5点:グリクシスの全景/Grixis Panorama - C
6.5点:ジャンドの全景/Jund Panorama - C
7点:ジャングルの祭殿/Jungle Shrine - U
6.5点:ナヤの全景/Naya Panorama - C
7点:野蛮な地/Savage Lands - U
7点:海辺の城塞/Seaside Citadel - U

[編集] 参考

QR Code.gif