ゴブリンの突撃/Goblin Assault

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Assault / ゴブリンの突撃 (2)(赤)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、速攻を持つ赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
ゴブリン・クリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。


アラーラの断片で登場したトークン生成エンチャント。毎ターンその名の通り突撃していくゴブリン・トークンを1体生成する。

が苦手とする全体除去への耐性はあるが、毎ターン攻撃に参加しなくてはいけないため、基本的にチャンプブロック要員にはできない。しかし、それでも継続的にトークンを出す能力は強力であり、全体強化攻撃の道を作ってくれる赤の優秀火力などと一緒に使うと脅威となる。また出てくるトークンはゴブリンなので包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderと合わせて使うと毎ターン2点火力が飛ぶ(ただし、包囲攻撃の司令官も攻撃強制を受けるので注意)。同セットの貪食とも相性が良い。

モーニングタイドの優良トークンジェネレーター苦花/Bitterblossomとよく比較される。マナ・コストが上がり回避能力がないトークンを出す代わりにライフロスがなくなった、といったところ。ライフロスがない分、複数枚安心して張れるようになった。戦場に出たトークンが即攻撃に参加できるのも利点と言える。

  • 苦花と違い部族・エンチャントではないので注意。
  • ゴブリンに攻撃を強制する能力は、このエンチャントから生成したゴブリンだけではなく、すべてのゴブリン・クリーチャーに影響する。
  • 巨岩の門/Dolmen Gateと併用すれば、攻撃強制のデメリットを緩和できる。
  • スターターで同名のテーマデッキが存在するが、このカードとの関係は特にない(→Goblin Assault)。

[編集] 参考

QR Code.gif