浄火の大天使/Empyrial Archangel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Empyrial Archangel / 浄火の大天使 (4)(緑)(白)(白)(青)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行
被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)
あなたに与えられるすべてのダメージは、代わりに浄火の大天使に与えられる。

5/8

最下層民/Pariahを内蔵した天使クリーチャー

()()(白)()という厳しい色拘束と8マナというマナ・コストの割にP/Tが5/8というのはやや物足りない気もするが、最下層民の分のコストを除けば(2)(緑)(白)(青)となる。

被覆を持つため単体除去に強く、またタフネスが8もあるため全体除去に関してもダメージやマイナス修整ではほとんど落ちない。まあ4点ハリケーン/Hurricaneで落ちてしまうのはご愛嬌。

上記の能力のため自分のライフが不利な状況であってもブロックをあまり気にせずに殴りにいくことができる。パワーが5で飛行を持つためアタッカーとしてもよい働きをしてくれるだろう。

  • ダメージを移し変える能力なので、ライフロスには適用されないことに注意。
  • 除去に強く、また高い制圧力を持つためリアニメイトにはもってこいのクリーチャーである。登場時点でのスタンダードで言えばその場しのぎの人形/Makeshift Mannequinとの相性が良い。被覆のおかげでその場しのぎの人形のデメリットがほとんど気にならない。エターナル環境であれば、緑が入っているので自然の秩序/Natural Orderで出すのも良いだろう。
  • 伝説のクリーチャーではないので1人のプレイヤーが複数コントロールすることも可能。その場合はそれぞれの発生源についてどちらにダメージを与えるかを決めることになる。1つの発生源からのダメージを複数体に割り振ることはできないので注意が必要。
  • ややオーバーキル気味ではあるが、強き者の優位/Favor of the Mightyを張っておけば点数で見たマナ・コストが9以上のクリーチャーが出ていない限り自分への無色ではないダメージをシャットアウトできる。
  • 萎縮接死が苦手。これらの能力を持つクリーチャーが攻撃してきた場合、クリーチャーがこれしかいない状況では、ブロックしてもしなくても被害を受けてしまう。これをフィニッシャーとして依存するようなデッキの場合は注意が必要である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラの断片の8マナ神話レアクリーチャーサイクル

対応する「伝令」によってライブラリーから直接戦場に出すことができる。括弧内は対応する伝令。

[編集] 参考

QR Code.gif