崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crumbling Necropolis / 崩れゆく死滅都市
土地

崩れゆく死滅都市はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(青)か(黒)か(赤)を加える。


アラーラの断片で登場した多色地形で、グリクシスカラーの1枚。

構築では、残酷コントロールスワンアサルトなど、色の合うコントロールデッキで用いられた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラの断片の、各断片/Shardに存在する3タップイントライランドサイクル

いわゆるタップインデュアルランド上位互換である。また、対抗色2色を出せるタップインデュアルランドとも考えられ、その意味では初のカード群である。

タップインという制約がついているが、それを差し引いても何のペナルティもなしに3色のマナを生み出せるマナ能力は破格。公式サイトでのアラーラの断片プレビューでも、レビュアー達から感嘆の声が上がったほど。多くのフォーマットで使っていける性能である。

タップ状態で戦場に出るため、1ターン目、2ターン目の動きを重要視するビートダウンデッキにはタップインがブレーキとなってしまうため、そのままでは入れ辛いが、逆に比較的スピードの遅いコントロールデッキなどと相性がよい。そのため青マナがらみの土地は他のものより若干有用性が高い。

[編集] ストーリー

崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolisグリクシス/Grixisのアンデッドの街である死滅都市/Necropolisカード化したもの。その多くは古代のヴィティア/Vithia帝国の廃墟が元になっているようだ。このカードのイラストには無残に食い散らかされた死体や吊るされて拷問死したような死体が放置された廃墟が描かれている。

男爵/Baronと呼ばれる死滅都市の統治者は、リッチや悪魔の王(demon lords)が大半であるが、生者の屍術師/Necromancerが治めている場合もある。男爵同士は互いに争い合うことで、領地の拡大や資源の確保を図っている。

代表的な死滅都市

[編集] 参考

QR Code.gif