ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rhox War Monk / ロウクスの戦修道士 (緑)(白)(青)
クリーチャー — サイ(Rhino) モンク(Monk)

絆魂

3/4

アラーラの断片で登場した、バントの3アンコモンクリーチャー

3色とはいえ3マナ3/4と、かなりのハイスペッククリーチャーである。同じスペックを持つクリーチャーには、Phyrexian War Beast炎樹族のシャーマン/Burning-Tree Shaman藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopperファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfootなどといった、環境の一線に名を連ねたカード陣がある。

絆魂しか能力を持たず一見地味に見えるが、このサイズのクリーチャーが持つ絆魂は馬鹿にできず、ダメージレースをこれ一体で制することも可能である。

高いタフネスから場持ちが良くライフを稼ぎやすいことも相まって、クリーチャーが主戦力となるリミテッドでは高評価。構築においても、クイックントーストにおいて台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finksを押しのけて4枚採用されることもある。環境における恐怖/Terror系より苦悶のねじれ/Agony Warpを採用する流れを意識してのことではあるが、カードパワーの高さが伺える。

エターナル、特にレガシー環境では、似たようなスペックを持つ上記のクリーチャーと比べて評価が高い。元来防御力の高いバントカラークロック・パーミッションにおいては、低マナ域のクリーチャーを止める守りの要であると同時に、安定したクロックとしても機能するためである。また、多色デッキメタるバーン系のデッキに対しても、ある程度の耐性がつくという点も評価されている。バーン側にしてみれば、火力の基本ダメージが2~3点であることから一対一交換が非常に難しく、かといって攻撃を許してしまえば絆魂によってライフ・アドバンテージを稼いでいってしまう、と二重の意味で厄介。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラの断片の各断片に存在するアンコモンの友好色3色クリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

ロウクスの戦修道士/Rhox War Monkバント/Bantロウクス/Rhoxが持つ二つの面(知的だが短気)を表している。ロウクスの修道士は精神の成長と学習に身を捧げており、そのほとんどが数多くの学び手としての印章を受けているほど。ただ、微に入り細にうがった修道士の教義に逆らう者や愚かな者に対しては容赦しない。

  • 日本語版のフレイバー・テキストは後半の文を正しく訳せていない。「馬鹿を喜んで受け入れるわけでもない」と解釈している「not suffer fools gladly」は成句であり、「愚か者とみなした相手に立腹する、ばか者どもには容赦しない」の意(いやいやながら受け入れるのでなく、むしろ強く拒絶するニュアンス)。原文にあるロウクスの両極端な雰囲気が消されてしまっている。

[編集] 参考

QR Code.gif