苦悶のねじれ/Agony Warp

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Agony Warp / 苦悶のねじれ (青)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-3/-0の修整を受ける。
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-0/-3の修整を受ける。


最後の喘ぎ/Last Gaspを分割したかのような呪文点数で見たマナ・コストはそのままで、効果は単純に強化されているが、多色になってしまったので使えるデッキが限られる。

パワーにしてもタフネスにしても-3という修整値の影響は大きい。別々のクリーチャー対象にすることで、タフネス修整の方で単純に除去として機能させつつ、パワー修整の方で戦闘を絡めて1対2交換を取ったり、あるいはライフプレインズウォーカーを守れるだけでも優秀。もちろん同じクリーチャーを対象にとってもいいので、クリーチャーが2体いないと唱えられないという事は無く、最後の喘ぎ/Last Gaspと全く同じ効果を得ることもできる。

アラーラの断片参入以降の青黒フェアリーでよく使われている。

Pauperでも青黒アンコウ神秘の指導コントロールといった青黒クロック・パーミッションコントロールで採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif