くぐつの妖術師/Puppet Conjurer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Puppet Conjurer / くぐつの妖術師 (1)(黒)
アーティファクト クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(青),(T):青の0/1のホムンクルス(Homunculus)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
あなたのアップキープの開始時に、ホムンクルスを1つ生け贄に捧げる。

1/2

青マナタップだけでホムンクルストークンを作り出すアーティファクト・クリーチャー

問題はそのトークンをアップキープ毎に生け贄に捧げなければならないこと。トークンを生成できる速度から考えても、単体ではこのトークンを戦場にどんどん増やしていくことはできない。

トークンのサイズは0/1と貧弱だが、取り敢えず出しておいてチャンプブロックに使ってもよいし、コスト生け贄を要するカードのサポートとして使ってもよい。ヘドロの徘徊者/Sludge Striderの種にもなる。アンクスの大悪魔/Archdemon of Unxがいれば実質(青)とタップで2/2のトークンを作る能力に早変わり。

[編集] ストーリー

くぐつの妖術師/Puppet Conjurerは、エスパー/Esper人間。くぐつの妖術師によって作られたホムンクルスは、事務員(clerk)や書記(scribe)、時には持ち主の威厳の証として、エスパー社会で重要な役割を果たしている。(→Card of the Day 2008/11/21参照)

フレイバー・テキストによると、自身が作り出した不完全なホムンクルスを叩き潰してスクラップにし、エーテリウム/Etheriumを回収して新たなホムンクルスを作り出すことを繰り返しているようである。

[編集] 参考

QR Code.gif