興行+叩打/Carnival+Carnage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Carnival / 興行 (黒/赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。興行はそれに1点のダメージを与え、そのパーマネントのコントローラーに1点のダメージを与える。

Carnage / 叩打 (2)(黒)(赤)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。叩打はそのプレイヤーに3点のダメージを与える。そのプレイヤーはカード2枚を捨てる。


ラヴニカの献身アンコモン分割カードサイクル黒赤は小型火力か、プレイヤーへのダメージ付き手札破壊

興行はクリーチャープレインズウォーカーへの1点ダメージ+コントローラーへの1点ダメージ。黒マナでも唱えられるようになった降り注ぐ火の粉/Shower of Sparksとやや地味な効果だが、タフネス1のウィニーシステムクリーチャー構築でもそこそこ使われるので露払いしつつ絢爛の貢献になり得る。

叩打はほぼ荒廃稲妻/Blightningそのもの。ライフを詰めつつ有効札を捨てさせられるのは中低速デッキにかなり効く。手札破壊としては4マナと少々重いが、アドバンテージを得られる優秀な効果

死に到る霊/Pestilent Spiritがいれば興行の使いやすさがぐっと増すので、それを採用したデッキであれば使いでがあるだろう。

スタンダードでは、意識して対策したいタフネス1クリーチャーがメタゲーム上にどれだけいるかによって評価が変わる。対デッキにおいてはラノワールのエルフ/Llanowar Elves焼くことで大きく減速させられるが、無効皮のフェロックス/Nullhide Feroxという強力な手札破壊対策カードが存在するため、考えなしに叩打を唱えると痛い目を見るかもしれない。対コントロール用としては炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chainedと役割が被るため、サイドボードの採用枠を競うことになる。

リミテッドではどちらの効果も有用。ラヴニカの献身にはスピリット・クリーチャー・トークンうろつくカラカル/Prowling Caracalなどタフネス1の小型クリーチャーが多数存在するため興行が活躍する場面は多く、ブロッカーを焼いて攻撃を通し絢爛に繋ぐ戦略を支えてくれる。また叩打を順当に4ターン目に唱えられれば相手の手札をボロボロにできる。が合うなら是非採用したい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身アンコモン分割カードサイクル。左半分が混成カード、右半分が多色カードになっている。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] 参考

QR Code.gif