ズーラン・バランス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ズーラン・バランス(Zuran Balance)は天秤/BalanceZuran Orbギミックを中心としたコンボコントロールデッキの総称。またはそのコンボそのものを指す名称。

過去の名デッキであり、現在もヴィンテージクラシックで少数が存在する。


Balance / 天秤 (1)(白)
ソーサリー

各プレイヤーは、コントロールする土地の数が最も少ないプレイヤーがコントロールする土地の数に等しい数だけ、自分がコントロールする土地を選ぶ。その後、残りを生け贄に捧げる。同じ方法で、各プレイヤーはカードを捨て、クリーチャーを生け贄に捧げる。



Zuran Orb (0)
アーティファクト

土地を1つ生け贄に捧げる:あなたは2点のライフを得る。


目次

[編集] 概要

Zuran Orbにより能動的に土地を減らすことで、天秤/Balanceクリーチャー除去だけでなく、ハルマゲドン/Armageddonのように対戦相手マナを縛る目的でも利用する。

Zuran Orbによる回復と天秤によるリセットという2つの性質から、ビートダウンコントロールデッキ双方に対して基本的には有利。逆転力の高いデッキとも言われるが、コンボ完成まではあえて不利な戦場にしておく意味が強い。

天秤の性質上、マナ・アーティファクトを多用するため、それを攻められると辛い。また、対戦相手に天秤が影響しないパーマネントを使われるのも苦手とする。

コンボデッキに近い動きをするものの、コンボが決まっても直接的に勝てるわけではないのが特殊な点と言える。

[編集] デッキの動き

序盤

境界石モックス・ダイアモンド/Mox Diamondなどのマナ・アーティファクト師範の占い独楽/Sensei's Divining Topなどの補助アーティファクトを展開する。また、天秤で触れないパーマネント打ち消して、リセットの際のアドバンテージを確保する。フィニッシャーも可能なら(破壊される危険が低く、天秤の影響を受けないものなら)この際に展開しておく。さらに教示者などで天秤を使える状態にしておく。

コンボ戦場をリセット

ある程度見通しが付くか、次のターンに負ける状況になったら、Zuran Orb+天秤により戦場をリセットする。打ち消しを持つ相手に対しては、ある程度のアドバンテージがあれば通るときにコンボしておくのも手。 対戦相手のアーティファクトなどは、できる限りその前に破壊しておく。また、対戦相手のデッキや状況によっては、教示者などで能動的に手札を減らし、対戦相手が復帰しづらいようにしておく。

ゲームを決める

フィニッシャーによってゲームを決めるか、それが難しいようであれば、再度天秤を使う準備をする。

[編集] その他

対戦相手プレイングによってコンボの有効性が大きく左右されるため、Zuran Orbを手札に温存するなど、できるだけデッキ内容を明かさないことも重要。

このデッキを相手にするときは、リセットされた後に、マナカーブにそって展開できるような手札を残しておくとよい。

  • 「境界石と(少数だが)デュアルランドが並ぶ」「秘儀の否定/Arcane Denialで自分の呪文打ち消す」「Zuran Orbでガンガン土地を生け贄」など、一見して不自然な行動が多いデッキ。デッキや各カードをよく知らないと意味不明だろう。また、あまり使われないカードがシナジーのため多く採用されることから、レシピの美しさも高い。
  • 上述のように、このコンボを中心としたデッキだけでなく、他のデッキにこのギミックをタッチする場合もあった。
    • 漫画デュエル・マスターズで、主人公の切札勝舞が使用したThe Deckにこのコンボが仕込まれていた。そのため、それなりに古いコンボでありながら当時の若年層にも知名度が高かった。

[編集] 参考

QR Code.gif