ハルマゲドン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ハルマゲドンデッキ(Armageddon deck)は、強力なクリーチャーや、土地以外のマナ・ソースを素早く展開し、ハルマゲドン/Armageddon戦場の優位を「固定」することを決め手とするデッキ。マナ・クリーチャーファッティを擁すると組まれることが他のに比べやや多い。

第6版を最後にハルマゲドンが絶版となり、このデッキタイプも姿を消した。

第4版までは剣を鍬に/Swords to Plowsharesが存在したことも、このデッキ群の強さと人気に拍車をかけていた。

  • 何処までをこのデッキ群とするかは諸説あるが、最も狭義のものはフィニッシャーとなるクリーチャーを1体(多くても数体)展開するもの(下記参照)を指し、それより広くなると先の定義にウィニーをある程度展開するもの(アーマースキンライダーゲドンなど)を含め、最も広義になると名前に「ゲドン」と入っているもの全て(2番目の定義+プロパゲドンなど)を指すようになる。

[編集] ハルマゲドン系デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif