境界石

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

境界石/Borderpostは、アラーラ再誕で登場したマナ・アーティファクトサイクル色マナ2種類のうち1つを生み出す3マナアーティファクトである。


Fieldmist Borderpost / 原霧の境界石 (1)(白)(青)
アーティファクト

あなたは原霧の境界石のマナ・コストを支払うのではなく、(1)を支払うとともにあなたがコントロールする基本土地1つをオーナーの手札に戻してもよい。
原霧の境界石はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。


普通に唱えると色マナを含む3マナのタップインアーティファクトであり、これだけだとアラーラの断片オベリスクインベイジョンカメオの劣化版にしかならないが、代替コストにより使い勝手は大きく異なっている。具体的には、

  1. 手札基本土地プレイする。
  2. その基本土地で1マナを出す。
  3. その基本土地を手札に戻して境界石を唱える。

という行動を取ることにより、いわば「手札の基本土地の代わりにプレイする」ことが可能になっている。

  • この行動は第1ターンから行うことができる。
  • アラーラ再誕には1マナの呪文が存在しないのだが、これは「1手目が存在しない」ことへのデザイン・チームの解答であると考えられる(→コラム「ゴールドフィンガー」参照)。

そのため境界石をデッキに投入する場合には、マナ加速として以外に「アーティファクト・土地版のタップインデュアルランド」1枚分として計算することもできる。といっても基本土地が手札にも戦場にも無い状態ではこれを代替コストで唱えることはできないので、元々基本土地の少ないデッキや、基本土地の代わりにこれを大量に投入する場合には注意する必要がある。アーティファクト故の脆さや、土地でないので代替コストで唱えても打ち消される点にも気を付けたい。

これ自体が多色パーマネントであることも重要である。アラーラ再誕には多色のパーマネントをコントロールすることによりメリットが出るクリーチャーが多数存在するので、リミテッドでは色が合えば無条件で投入してよく、色が合わなくても投入を検討する価値がある。

構築でも、デッキの性質次第では投入できるだろう。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif