Children of the Nameless

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Children of the Namelessブランドン・サンダースンによるマジック:ザ・ギャザリングの小説。

目次

[編集] 概要

2018年12月に、マジック英語公式サイトのSTORYページにて公開された。日本語未翻訳。

[編集] あらすじ

舞台はイニストラード/Innistrad。古い信仰が残る村、Verlasenは15歳の少女Tacenda1人を残し住民が皆殺しにされてしまう。Tacendaはそれを近年現れた謎めいたThe Man of Manor(領主代理人)の仕業と信じ、破れかぶれの復讐にその館へと向かうのだが……。

[編集] 主な登場人物

Tacenda
人間の女性。双子の姉妹であるWilliaと対になる呪いを受けており、太陽が出ている間は盲目となる。その歌声には邪悪な者を退ける力がある。
Davriel Cane
人間の男性。悪魔学者。プレインズウォーカー/Planeswalker。数年前イニストラードに渡り、領主であった吸血鬼を排して成り代わった。

[編集] 参考

QR Code.gif