永遠神の投入/Enter the God-Eternals

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
9行: 9行:
 
[[対戦相手]]と対戦相手のクリーチャーを対象にすると[[ラゾテプの板金/Lazotep Plating]]や[[夏の帳/Veil of Summer]]一発で[[立ち消え]]て動員が行えなくなるため、それらを使われる可能性がある状況で[[除去]]として使う場合は、特に必要性がなくとも[[プレイヤー]]の対象は自分にしておいた方が安全である。登場時はラゾテプの板金の採用率が低かったためあまり考慮されなかったが、夏の帳の登場によってこのリスクが跳ね上がり、重要性の高いプレイングとなった。
 
[[対戦相手]]と対戦相手のクリーチャーを対象にすると[[ラゾテプの板金/Lazotep Plating]]や[[夏の帳/Veil of Summer]]一発で[[立ち消え]]て動員が行えなくなるため、それらを使われる可能性がある状況で[[除去]]として使う場合は、特に必要性がなくとも[[プレイヤー]]の対象は自分にしておいた方が安全である。登場時はラゾテプの板金の採用率が低かったためあまり考慮されなかったが、夏の帳の登場によってこのリスクが跳ね上がり、重要性の高いプレイングとなった。
  
[[スタンダード]]では[[青白黒コントロール#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身+灯争大戦期|エスパー・コントロール]]や[[青黒赤コントロール#イクサラン・ブロック~基本セット2020期|グリクシス・コントロール]]といった[[色]]の合う[[コントロール (デッキ)|コントロール]]で採用される。相手を選ぶうえに[[重い]]ため大抵は2枚程度に留まり、[[サイドボード]]のみということも多い。[[ローテーション]]後は[[トリコロール#ラヴニカのギルド~基本セット2021期|ジェスカイ・ファイアーズ]]の[[ウィッシュボード]]要員としてしばしば採用される。[[リミテッド]]では[[色拘束]]以外の要因で腐ることはまずなく、非常に強力。
+
[[スタンダード]]では[[青白黒コントロール#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身+灯争大戦期|エスパー・コントロール]]や[[青黒赤コントロール#イクサラン・ブロック~基本セット2020期|グリクシス・コントロール]]といった[[色]]の合う[[コントロール (デッキ)|コントロール]]で採用される。相手を選ぶうえに[[重い]]ため大抵は2枚程度に留まり、[[サイドボード]]のみということも多い。[[ローテーション]]後は[[創案の火#ラヴニカのギルド~基本セット2021期|ジェスカイ・ファイアーズ]]の[[ウィッシュボード]]要員としてしばしば採用される。
 +
 
 +
[[リミテッド]]では[[色拘束]]以外の要因で腐ることはまずなく、非常に強力。
  
 
==ルール==
 
==ルール==

2020年2月19日 (水) 20:49時点における最新版


Enter the God-Eternals / 永遠神の投入 (2)(青)(青)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体とプレイヤー1人を対象とする。永遠神の投入はそのクリーチャーに4点のダメージを与え、あなたはこれにより与えられたダメージに等しい点数のライフを得る。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上からカードを4枚自分の墓地に置く。動員4を行う。(あなたがコントロールしている軍団(Army)1体の上に+1/+1カウンターを4個置く。あなたが軍団をコントロールしていないなら、その前に、黒の0/0のゾンビ(Zombie)・軍団クリーチャー・トークンを1体生成する。)


クリーチャー4点ドレイン、4枚のライブラリー破壊動員4を行うソーサリー

破格のコスト・パフォーマンスだが、クリーチャーがいないと唱えられないため、コントロールデッキ相手に腐りやすいのは欠点と言える。ライブラリー破壊はおまけに近いが、墓地肥やしライブラリー戻ったの対処などに役立つ場合もあるだろう。

多種多様なメリットを持つ性質上、自分のクリーチャーを対象に取ることも十分考えられる。4/4が出てくるのでボード・アドバンテージを失う結果にはなりにくいだろう。軍団を対象とした場合、それがタフネス4以下でも状況起因処理が行われる前に+1/+1カウンターが置かれるためダメージを帳消しにできることは覚えておくとよい。

対戦相手と対戦相手のクリーチャーを対象にするとラゾテプの板金/Lazotep Plating夏の帳/Veil of Summer一発で立ち消えて動員が行えなくなるため、それらを使われる可能性がある状況で除去として使う場合は、特に必要性がなくともプレイヤーの対象は自分にしておいた方が安全である。登場時はラゾテプの板金の採用率が低かったためあまり考慮されなかったが、夏の帳の登場によってこのリスクが跳ね上がり、重要性の高いプレイングとなった。

スタンダードではエスパー・コントロールグリクシス・コントロールといったの合うコントロールで採用される。相手を選ぶうえに重いため大抵は2枚程度に留まり、サイドボードのみということも多い。ローテーション後はジェスカイ・ファイアーズウィッシュボード要員としてしばしば採用される。

リミテッドでは色拘束以外の要因で腐ることはまずなく、非常に強力。

目次

[編集] ルール

  • クリーチャー1体とプレイヤー1人の両方を対象として選ばなければ、永遠神の投入を唱えることはできない。
  • 対象としたクリーチャーのタフネスが3以下であっても、通常与えるダメージは4点であり、あなたは4点のライフを得る。
  • 対象としたクリーチャーが解決時に不正な対象になっていたが、プレイヤーは適正な対象であった場合、ダメージとライフ回復は行わないが、ライブラリー破壊と動員は行う。
  • 対象としたプレイヤーが解決時に不正な対象になっていたが、クリーチャーは適正な対象であった場合、ライブラリー破壊は行わないが、ダメージとライフ回復と動員は行う。
  • 両方の対象が解決時までに不正な対象になっていた場合、この呪文立ち消え、いずれの処理も行われない。
  • これによりクリーチャーが致死ダメージを受けても、この呪文の解決が終わるまでそれは戦場にある。残りの処理がそのクリーチャーの常在型能力の影響を受けたり、誘発型能力誘発させたりすることもあり得る。

[編集] ストーリー

灯争大戦注目の第2章の1枚。永遠衆/Eternalと化したアモンケット/Amonkhet神々、永遠神/God-Eternalが次元橋/Planar Bridgeを通ってラヴニカ/Ravnicaに姿を現した場面を描いている(イラスト)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、異なる色の色マナ1点と2点の組み合わせをマナ・コストに含む多色レア神話レアからなるサイクル白黒を除く各色の組み合わせにつき1枚ずつ存在し、緑青のみが神話レアとなっている。

[編集] 参考

QR Code.gif