利用者・トーク:Taxin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

参考節におけるカード個別評価リンクの順序についてですが、MTG Wiki:ひな型に書かれているように、コンスピラシーはモダンマスターズより上に置いてください。このような順序になった経緯についてはMTG Wiki:井戸端にログが残っているのでそちらを参照してくださると幸いです。--Sk 2015年5月14日 (木) 18:34 (JST)

リンク順序の件、確認しました。修整までして頂いてありがとうございます。こちらの不手際により余計なお手数をお掛けしてしまって申し訳ない限りです。今後同様の誤編集を起こさないよう努めます。--Taxin 2015年5月14日 (木) 20:14 (JST)

すみません、エドリックの記述に関して削除されてしまったんですが、あなたの書いた文章だと「能力が起動」してもどうやって勝つのかがまったく明瞭ではありません。ただカードを引いてターンを終了するようにしか読めません。それに具体的な構築は主観といいますが、マナエルフを並べて殴って追加ターンくらいの件をごっそり削るのは、真面目に取り合う気がないんじゃないかなあとすら思います。--120.51.83.22 2015年6月25日 (木) 09:47 (JST)

マジックそのもの、および当wikiに触れて間もない方とお見受けしました(トレストの密偵長、エドリック/Edric, Spymaster of Trestの能力は誘発型能力であり「起動」型能力ではありません)ので、あなたが編集した第164876版をさらに編集した理由を以下に列挙いたします。
  • どうやって勝つのかがまったく明瞭ではありません』という意見について、勝利までの流れを削除した理由は、それが明瞭である必要がまったくないからです。合同勝利/Coalition Victory地ならし屋/Levelerといった、癖があり扱い方が一見するとわからない類のカードの場合、その利用法やそれを用いた勝利への道しるべを記述することは大変有意義です。それらの手段は非常に限られており、ページを読んだプレイヤーへの助けになります。しかしトレストの密偵長、エドリックそれらのカードとは真逆と言えます。大量のカード・アドバンテージを有効活用する方法は星の数ほど存在しているため、「エドリックの稼いだアドバンテージでなければ成立しない」などといった特殊な例を除きわざわざ記載する必要はありません。平地/Plainsのページに、生み出したマナの使い道を丁寧に何億通りも書いたりしないのと同じです。
  • 基本的な構成は~』という、デッキの紹介めいた記述はカード個別評価の項に書くべきことではありません。そもそも、カジュアル変種ルールである統率者戦にはトーナメントメタゲーム)は存在しません。他のフォーマットであれば、上位入賞者の構築したデッキは広く世に知れ渡り、アーキタイプという言葉を用いてデッキの基本的な構成を表現します。統率者戦にはそれらがなく、例えどんなに優れたデッキリストを書こうと「エドリックを使ったデッキのなかで、あなたがたまたま見かけたことがあるもの」でしかないのです。統率者戦の構築はトーナメント記録に残らないがゆえにプレイヤーによって千差万別であり、あなたの用いた「基本的な構成」という言葉には何の説得力もなかったため削除しました。
  • 「統率者戦最強の統率者は?」という問いに対して、常に筆頭に挙がる一枚である』という記述については、何の情報ソースもなかったため削除しました。R&Dやプロプレイヤーが、インタビューや公式記事などで言及しているのであれば、その情報ソースを併記して復活させてください。
以上です。当wikiの編集方針などはMTG Wiki:利用者への呼びかけを参照してください。--Taxin 2015年6月25日 (木) 12:02 (JST)
主観が混じっていたのはある程度削除されても仕方がないと思います。しかしエドリックはおおむね「なぜぱっと見、地味なクリーチャーがEDHでコレド強力なのか」を、書き記すべきだと思います。EDHはカジュアルフォーマットですから、ある程度は独自研究に拠出する部分があると思います。
統率者の基本的な構成、はざっくり行ってしまえばインターネット上に無数に存在するデッキリストに依拠しています。それらの主だった構成を指して、私は述べたつもりです。「エドリック EDH」で検索すれば、私が指摘したデッキリストは無数に存在しています。そもそもエドリックは統率者を意識して造られたカードだったはずです。それに従ってアーキタイプも存在していると思います。そもそもネット上でたまたま見かけたにしては同じデッキが多すぎるんですが、それは俺の主観なんでしょうか。以上の署名の無いコメントは、120.51.83.22会話/whois)さんが[2015年6月25日 (木) 12:14]に投稿したものです。
組み立てるの項についてご編集ありがとうございます。「N個のからくりを組み立てる/Assemble N Contraptions」とは、「からくりデッキの1番上のカードをN枚公開し、それらを表向きにし、それぞれについてあなたの選んだ起動輪に置いた状態で戦場に出す」を意味する。からくりは同時に公開され、全てを確認してからどの起動輪に置くか選ばれ、同時に戦場に出る。というルールについて、1回ずつめくって配置するということだと店のジャッジに聞いていたため、使嗾する思想/Incite Insightほか複数のからくりを同時に展開する記事で誤った記述をしてしまっておりました。修正の必要があるのですが、念のため「N枚同時に公開し、同時に出す」という処理になる理由をご教示いただけないでしょうか。--細山田 2018年3月8日 (木) 13:20 (JST)
私の編集は主に誤字の修整(駆動輪→起動輪)を行っただけです。責任逃れみたいになってしまって申し訳ないのですが、私ではなく初版を作成した紙餅氏に聞くのが適切かと。--Taxin 2018年3月8日 (木) 14:06 (JST)
これは失礼しました。承知しました。--細山田 2018年3月8日 (木) 15:11 (JST)
QR Code.gif