記憶への消失/Vanish into Memory

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vanish into Memory / 記憶への消失 (2)(白)(青)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。あなたはそのクリーチャーのパワーに等しい枚数のカードを引く。あなたの次のアップキープの開始時に、そのカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。そうした場合、そのクリーチャーのタフネスに等しい枚数のカードを捨てる。


クリーチャーの一時的な追放手札の操作を兼ねたユニークなインスタント呪文。第3回「カードを作るのは君だ!」で作られたもの。

  • パワータフネスを上回るクリーチャーに使った場合は、トータルで手札が増えるので得。
  • パワーがタフネスを下回るクリーチャーに使った場合は、トータルで手札が減るので損。
  • パワーとタフネスが等しいクリーチャーに使った場合は、手札入れ替えになる。
  • トークンに使った場合は、単純にパワードローなので得。

というわけで、できるだけ頭でっかちのクリーチャーに使うと大きな利益が得られるカードである。いずれの場合もこれを唱えた分1枚手札が減っていることは考慮しておこう。

対戦相手のクリーチャーに使う場合、通常では時間稼ぎ程度で除去にはなりえないが、現し世の裏切り者、禍我/Maga, Traitor to Mortalsや一部の烈日クリーチャー、クリーチャー・トークン等に使うと除去にもなる。これらの場合には、タフネスが0だったり戻って来なかったりで捨てる必要がなく、更にお得。獣群の呼び声/Call of the Herdがある環境では、4マナ3ドロー付きのインスタント除去として使える機会も多い。

オーラ装備品で強化されているクリーチャーを戻すのもおいしい。オーラならば単純に除去できるし、戻ってくるときはそれらが剥がれてサイズが小さくなっているため捨てるカードが少なくてすむ。頭でっかちで、これが除去としても働く歩く火力相手が最も効果を発揮してくれるだろう。相手のサイドボードには有効か。

自分の187クリーチャーCIP能力再利用や火力からの救出、コンバット・トリックにも使えるが、白青はタフネス偏重のクリーチャーが多く、デッキ構築が難しいところ。パンプアップなどを活用してもドローを増やせるが、少し手間が掛かりすぎる。

変異コストを踏み倒して表にすることも可能だが、踏み倒してまで表にしたいカードは大抵戻ってくるときがデカイため、一瞬の瞬き/Momentary Blinkの方が使いやすい。ツボにはまったときのアドバンテージは馬鹿にできないのだが……。

[編集] イラスト

このカードが作られたカードを作るのは君だ!第3回では非常に画期的な読者参加企画が行われた。アメリカに在住する人から絵を募集し、それをカードアートに採用するというものであった。

応募作品は261にも上り、このステップ1では候補が10枚まで絞られた上で投票が行われた。結果、決選投票の勝者はRebekah Lynn Osorio(レベカー・リン・オサリオ)の絵で、3726票という2位に圧倒的大差を付けての勝利だった(得票率は35.8%)。そのイラストがこちら。なお、クレジット欄には"Rebekah Lynn"と記されている。おそらく彼女の功績として輝かしいものになるであろう。

  • ただ残念ながら、トップダウン・デザインで作られたこのカードは実際のゲームで使い難い性能となってしまい、この企画は「失敗」として認識されてしまった。結果、「カードを作るのは君だ!」企画は立ち消えとなり、再開まで8年の月日を要する事となる。[1]

[編集] 参考

  1. 基本の日々 その1(Making Magic 2014年6月23日)
QR Code.gif