完成態の講師/Docent of Perfection

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Docent of Perfection / 完成態の講師 (3)(青)(青)
クリーチャー — 昆虫(Insect) ホラー(Horror)

飛行
あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、青の1/1の人間(Human)・ウィザード(Wizard)・クリーチャー・トークンを1体生成する。その後、あなたがウィザードを3体以上コントロールしているなら、完成態の講師を変身させる。

5/4
Final Iteration / 繰り返しつくしたもの
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 昆虫(Insect)

飛行
あなたがコントロールするウィザード(Wizard)は+2/+1の修整を受けるとともに飛行を持つ。
あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、青の1/1の人間(Human)・ウィザード・クリーチャー・トークンを1体生成する。

6/5

異界月で多数登場した、エルドラージ変身してしまう両面クリーチャーの1つ。秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsから昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(逸脱した研究者/Aberrant Researcher)、そして完成態/Perfected Formへと至り完結を迎えたかと思われた物語に、更に続きがあった。

第1面は完成態と同じ5/4飛行であり、本体の性能だけでもフィニッシャーを務められるサイズ。その上若き紅蓮術士/Young Pyromancerのようなトークン生産能力を持っており、一度でも能力誘発させられればたとえ除去されても損ではない。

変身後は更に強力なエルドラージになる。サイズは一回り大きくなるだけだが、ロード能力が強力。生み出すトークンも3/2飛行になるため、全体除去さえかわせればすみやかにゲームを終わらせてくれるだろう。

強力なクリーチャーではあるのだが、変身後においても除去耐性がないことがネック。また、フライヤーを無数に生み出せるといってもややオーバーキル気味であり、スタンダードでは奔流の機械巨人/Torrential Gearhulkなどもっと使いやすいフィニッシャーが優先される。もちろん、リミテッドにおいては5/4飛行はそれだけでゲームを決めてしまいかねない爆弾。

モダンにおいてはブルームーンフィニッシャーとして採用されている。ウィザードである瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageとは相互にシナジーを形成し合っており、いとも簡単に変身できる。

  • 大気の精霊/Air Elementalなどの上位互換
  • カード稀少度も、秘密を掘り下げる者はコモン、逸脱した研究者はアンコモン、そしてこれはレアと、段階を追って進んでいる。
  • 自身の身体に施したのと同じ技術によって、その辺で捕まえてきた1/1の人間・ウィザードを3/2飛行に強化しているのだろう。結果的に、自身を犠牲にした研究は成功したということであろうか。
    • 放っておけばいずれイニストラードは6/5飛行のエルドラージで埋め尽くされてしまうのかもしれない。ゲーム上は、これによって強化されたウィザードが昆虫やホラー、エルドラージになってしまうということはないが。

[編集] 参考

QR Code.gif