絡み根の霊/Strangleroot Geist

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Strangleroot Geist / 絡み根の霊 (緑)(緑)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

速攻
不死(このクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

2/1

速攻不死を持った軽量クリーチャー

2ターン目から攻撃できるパワー2のクリーチャーは強力。タフネスは低いが不死によって1回は復活が可能であり、除去耐性の面でも優秀。ダブルシンボルは難点だが、ストンピィ系のビートダウン・デッキアタッカーとしてはもちろん、が濃いコントロール・デッキブロッカーとしても悪くない。

特に出産の殻での活躍が顕著。序盤のアタッカーとブロッカーのどちらの用途にも使え、尚且つ出産の殻/Birthing Pod起動コストにも適している。

ミラディンの傷跡ブロックイニストラード・ブロック期のスタンダード環境においては、同じく2マナアドバンテージ・クリーチャーであるエルフの幻想家/Elvish Visionaryがライバルとなった。クリーチャーとしての性能は比べるまでも無いが、火柱/Pillar of Flame蒸気の絡みつき/Vapor Snagなどの追放する除去バウンスが蔓延し、また刃の接合者/Blade Splicerを突破できないため、環境末期ではエルフの幻想家が優先される場合が多かった。

[編集] 参考

QR Code.gif