灯の燼滅/Despark

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Despark / 灯の燼滅 (白)(黒)
インスタント

点数で見たマナ・コストが4以上のパーマネント1つを対象とし、それを追放する。


灯争大戦で登場した白黒除去インスタント点数で見たマナ・コストが4以上のパーマネント追放する。

わずか2マナ軽くパーマネント・タイプを問わず、なおかつ追放するとあって、使い勝手に優れた優良除去呪文である。は違うが軽蔑的な一撃/Disdainful Strokeと使用感が近く、ゲームの趨勢を決定づける大抵のパーマネントをこれ1枚でほぼ確実に処理できる。軽いパーマネントに触れられないため万能とは言い難いものの、メリットに比べれば些末なものであろう。リミテッド/構築問わず、デッキカラーが合うなら非常に頼りになる一枚。

登場時のスタンダードでは、の同じ屈辱/Mortifyなどとスロットを争う形になる。こちらはプレインズウォーカー破壊不能持ち、弧光のフェニックス/Arclight Phoenixなどに対処できる一方、ウィニー寄りのアグロ相手にはやはり腐りやすいため、総合的には一長一短。採用枚数はメタゲームに合わせて慎重に調節したい。

[編集] ストーリー

灯争大戦注目の第3章の1枚。ニコル・ボーラス/Nicol Bolasに反旗を翻したリリアナ/Lilianaが、永遠神/God-Eternalとなったオケチラ/Oketraバントゥ/Bontuに命じてボーラスのプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkを抜き取らせる場面を描いている(イラスト)。

オケチラとバントゥにどれほど自意識が残っているか分からないまま、リリアナはこう囁いた。「あなたたちは本当の神でしょ。あれは簒奪者よ。どうするべきか分かるわね。」


Amonkhet Invocations版の名誉回復/Vindicateにおいてもオケチラとバントゥが協力している。それを踏まえると、ボーラスの走狗となって失われた名誉をリリアナの手助けにより取り戻せたと考えると感慨深い。


[編集] 参考

QR Code.gif