ヤヤ・バラード/Jaya Ballard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jaya Ballard / ヤヤ・バラード (2)(赤)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ヤヤ(Jaya)

[+1]:(赤)(赤)(赤)を加える。このマナは、インスタントかソーサリーである呪文を唱えるためにのみ使用できる。
[+1]:カード最大3枚を捨て、その後その枚数に等しい枚数のカードを引く。
[-8]:あなたは「あなたはあなたの墓地からインスタントかソーサリーであるカードを唱えてもよい。これにより唱えたカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。」を持つ紋章を得る。

5

長らくその死が噂されていたヤヤ/Jayaが、ドミナリアプレインズウォーカーとして再登場。忠誠度能力は条件付きマナ加速ルーターインスタントおよびソーサリーの再利用を許可する紋章の獲得。

1つ目の+1能力
インスタントソーサリー限定の発熱の儀式/Pyretic Ritual
このカードの中核となる忠誠度能力。制限が付く分、生み出すマナの量は赤マナ3点と大盤振る舞い。戦場に出した直後にこのマナを有効活用できれば、差し引き2マナで唱えたことになり、テンポ・アドバンテージも大きく稼げる。言うまでもないことだが、このマナをいかに有効活用できるかがこのカードの肝となる。
2つ目の+1能力
最大3枚まで手札を入れ替えられる、式ルーター。
ハンド・アドバンテージこそ得られないが、一度に3枚も入れ替えられるため、常に新鮮な、そして影響力の強い手札を保持できる。1つ目の+1能力のマナの使い道がないときはこちらを起動し、-8能力の布石を打ちつつ手札を整えたい。例によって墓地利用手段やマッドネスなどとの相性も抜群。
-8能力
墓地にあるインスタントおよびソーサリー・カードの再利用を許可する紋章の獲得。
炎の中の過去/Past in Flamesの永続版と言ったところで、多大なアドバンテージをもたらしてくれる強力な奥義。墓地の火力を順次撃ち込んでいけばそのままゲームを終わらせられるだろう。

炎の魔術師として名を馳せた彼女だが、今回のカード化では特務魔道士/Task Mage(雇われ魔道士)としての彼女の生き様を反映してか、忠誠度能力はその使い道を雇い主に委ねるものばかり。赤のプレインズウォーカーとしては珍しく、盤面はおろか対戦相手ライフにすら干渉しない非常にピーキーな一枚。トリプルシンボル色拘束もあり、かなり赤が濃く、なおかつバーンのようなインスタントやソーサリーに比重をおいたデッキでないとまともに扱えないが、翻ってそれらのデッキではこれ以上ないほど優秀なサポーターになってくれる。

登場時点のスタンダード環境の赤のデッキはアグロ系デッキが多数派で、前述したとおりバーン系の有力なデッキが成立しなければそもそもこれを採用する意義は薄い。赤の後輩プレインズウォーカーであり、汎用性に富む反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defianceが同居しているのも逆風。活躍できるか否かは今後の環境次第と言ったところか。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はヤヤ・バラード/Jaya Ballard (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif