変異誘発型能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

変異誘発型能力(Morph Triggered Ability)とは、オンスロート・ブロック時のらせんブロックタルキール覇王譚ブロックに登場した、裏向きから表向きになったことを誘発条件とする誘発型能力の俗称。その中でも特に、そのパーマネント自身が表向きになることを条件とする場合のみを指すことが多い。


Skirk Marauder / スカークの匪賊 (1)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

変異(2)(赤)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。)
スカークの匪賊が表向きになったとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。スカークの匪賊はそれに2点のダメージを与える。

2/1


Ainok Survivalist / アイノクの生き残り (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound) シャーマン(Shaman)

大変異(1)(緑)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの大変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。そうしたなら、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。)
アイノクの生き残りが表向きになったとき、対戦相手がコントロールするアーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

2/1

変異大変異)を持つクリーチャーが持つので「変異誘発型能力」と呼ぶが、Illusionary Mask予示による裏向き状態から表向きになっても誘発する。もちろん、こじ開け/Break Openなどで表向きになった場合も誘発する。

あくまで誘発型能力なのでスタックに乗る。ただし、表向きになることはスタックに乗らないので、そのパーマネントが表向きになったあとに能力がスタックに乗ることになる。対象の決定はスタックに乗るときなので注意すること。

[編集] 参考

QR Code.gif