ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vesuvan Shapeshifter / ヴェズーヴァの多相の戦士 (3)(青)(青)
クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

ヴェズーヴァの多相の戦士が戦場に出るか表向きになるに際し、あなたは戦場に出ている他のクリーチャーを選んでもよい。そうした場合、ヴェズーヴァの多相の戦士が裏向きになるまで、それはそのクリーチャーのコピーになるとともに「あなたのアップキープの開始時に、あなたはこのクリーチャーを裏向きにしてもよい。」を得る。
変異(1)(青)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。)

0/0

リバイズド版まで存在したVesuvan Doppelgangerリメイクマナ・コストはそのままに、変異を得たことで、本家やクローン/Cloneに備わっている「コピーするクリーチャー戦場にいないと戦場に残せない」という弱点を克服している強力なカードである。

本家と比べると、他のクリーチャーにコピーしなおすには一度裏向きにしてから2マナ支払い表向きにする必要があるが、これによりコピー先の変異誘発型能力誘発させることができるという利点がある。同時に登場したセロン教の隠遁者/Thelonite Hermit塩水の精霊/Brine Elementalなどは格好の相方であり、ピクルスセルといったデッキでは中核となるギミックである。

それ以外にも、対戦相手フィニッシャーをコピーしたり、ちょっと嫌なクリーチャーをコピーして盤面を膠着させたりと、汎用性はきわめて高い。また、登場当時は旧レジェンド・ルールを利用した伝説のクリーチャー除去対消滅)も可能だった。

色拘束まで考えると素出しより変異で出す方がコストが安い。コピー先のETB能力を活用したいなら素出しするべきだが、そうでなければ中身を隠せる分変異で唱えるほうがよいだろう。変異するならシングルシンボルタッチカラーでも採用しやすく、時のらせんブロック構築スライなどに採用されることもある。分割払いのお陰で打ち消し用のマナを残しやすいのも有り難い所であり、このクリーチャーの対処を困難にしている要因の一つである。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんレア変異クリーチャーサイクル。それぞれが過去のクリーチャーのリメイク。

[編集] 参考

QR Code.gif