即席

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
即席/Improvise
種別 常在型能力
登場セット 霊気紛争
CR CR:702.125

即席/Improviseとは霊気紛争で初登場したキーワード能力。これは呪文スタック上にあるときに機能する常在型能力である。


Foundry Assembler / 鋳造所の組立工 (5)
アーティファクト クリーチャー — 組立作業員(Assembly-Worker)

即席(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1個あたり(1)の支払いに代えてもよい。)

3/3


Whir of Invention / 発明品の唸り (X)(青)(青)(青)
インスタント

即席(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1個あたり(1)の支払いに代えてもよい。)
あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX以下のアーティファクト・カード1枚を探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


[編集] 定義

即席/Improviseは、「この呪文の総コストにある不特定マナ1点につき、あなたはそのマナ支払うのではなく、あなたコントロールするアンタップ状態のアーティファクト1つをタップしてもよい。」を意味する。

[編集] 解説

身近にあるアーティファクトなら何でも利用して強力な武器や装備を作ってしまうという発明者たちの能力を表現するメカニズム。霊気紛争では、アーティファクトに割り当てられている。

[編集] ルール

  • 即席はコストの支払い方を変更する能力である。アーティファクトにマナ能力を与えているのではなく、コストを軽減しているのでもない。
  • 即席で支払えるのは不特定マナ・コストのみである。無色マナ・コストは支払うことはできない。また有色アーティファクトを使っても、コストの色マナ部分を支払うことはできない。
  • 即席を、呪文を唱えるコスト以外のものを支払うために使用することはできない。たとえば「呪文1つを対象とし、それのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、それを打ち消す。」という能力の解決中に、即席を使用することはできない。
  • 即席を使用してマナ・コストに(X)を含む呪文を唱えるときには、最初にXの値を決める。その選択に、他のコストの増減があればそれらも加味して、その呪文の総コストを決める。その後、そのコストを支払う助けとして、あなたがコントロールするアーティファクトをいくつかタップできる。「唱える」の記事を参照。
    • たとえば、あなたが発明品の唸り/Whir of Inventionを唱える際にXとして3を選んだなら、その総コストは(3)(青)(青)(青)となる。そこでアーティファクトを2つタップしたなら、あなたはあと(1)(青)(青)(青)を支払う必要がある。

[編集] その他

  • 召集のアーティファクト版。カラデシュ・ブロックでは親和(アーティファクト)の再録が検討されてきたが、デベロップ・リーダーのErik Lauerの提案によって、1ターンに連続でコストが軽い呪文が唱えられることのない即席が新録された。
    • 注釈文も召集と同じように、(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。/Your artifacts can help cast this spell.)というフレイバーを重視した説明が記載されている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif