ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Darksteel Citadel / ダークスティールの城塞
アーティファクト 土地

破壊不能
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。


無色マナが出るアーティファクト・土地色マナが出ない代わりに破壊不能を持つ。

土地破壊はおろか、抹消/Obliterateにすら耐えるという頼もしいマナ基盤である。破壊されやすいというアーティファクト・土地の弱点を克服している。酸化/Oxidizeなどによる最序盤の破壊を喰らうことがない上、土地リセットの被害も軽減できる。特に統率者戦では土地リセットが頻発するので一考に値する。ただし、色マナが出ないので土地破壊デッキ対策としてはあまり期待できない(対戦相手は土地破壊呪文を別の土地に唱えればよいため)。

初出時のスタンダードでは、他のアーティファクト・土地と共に親和デッキで使用されたほか、リセットとの相性を活かしてダークスティール抹消などのマス・デストラクションコントロールデッキにも採用されていた。

モダンではアーティファクト・土地の中で唯一禁止カードに指定されていないため、引き続きモダンの親和デッキで採用されている。

2005年3月20日より、スタンダード禁止カードに指定された。2006年3月20日より、ミラディン・ブロック構築でも禁止カードに指定された。基本セット2015再録された際には、スタンダードの禁止カードにはなっていない(スタンダードで禁止を経験したカードが再びスタンダードで使用可能なセットに再録されるのはこれが初)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディンアーティファクト・土地サイクル

ダークスティールでは、無色版のダークスティールの城塞/Darksteel Citadelが登場した。

親和デッキを横行させた元凶。すべてが2005年3月20日より、スタンダード禁止カードに指定された。2006年3月20日より、ミラディン・ブロック構築でも禁止カードに指定されている。モダンではダークスティールの城塞を除く五つが、フォーマット制定当初より禁止カード。

[編集] 参考

QR Code.gif