ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nissa, Voice of Zendikar / ゼンディカーの代弁者、ニッサ (1)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:緑の0/1の植物(Plant)クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-2]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。
[-7]:あなたはX点のライフを得てX枚のカードを引く。Xは、あなたがコントロールする土地の総数に等しい。

3

ゲートウォッチの誓いで登場した4枚目のニッサ忠誠度能力トークン生成+1/+1カウンター配置ドロー回復

+1能力
0/1の植物クリーチャー・トークンの生成。
ニッサ自身を守れるブロッカーを生み出しつつ忠誠度を貯めることができる、このカードの基本となる能力。-2能力のための頭数の確保、あるいは-7能力までの時間稼ぎとして、序盤はこの忠誠度能力を中心に使っていくことになる。
パワーは0なのでそのままではチャンプブロック要員にしかならないが、-2能力やその他の強化手段と組み合わせて戦力として運用したり、何らかの生け贄コストに充てて別のアドバンテージに変換するのも有効。
-2能力
ティタニアの加護/Titania's Boon
このカードの肝とも言える強力な能力。忠誠度を2消費するため気軽に連打できないが、+1能力で出した植物トークンを含めて強化できるため、中盤以降の打点向上に大きく貢献する。+1/+1カウンター関連のシナジーを狙うのも手。
-7能力
コントロールしている土地の枚数に等しい数のライフ得るとともに、その数だけカードを引く
ゲームを決定付けるだけのカード・アドバンテージと、それを使い切るまでのライフ・アドバンテージを同時に獲得できる、強力な奥義。他の能力との関連性は薄いが、この能力があることで+1能力による時間稼ぎがアグロデッキに対する強力な牽制になる。

3マナ軽いためか、それぞれの忠誠度能力の効果はやや控えめ。しかし+1能力および-7能力で確実にアドバンテージを獲得できるため、対処を強いることができる厄介なプレインズウォーカー。単体で戦場を支配できるタイプのカードではないため、+1能力・-2能力共に有効に機能するデッキにおけるサポート要員兼アドバンテージ源として採用するのがベターか。特に植物トークンは非力なので、何らかの利用手段を用意しておきたい。

スタンダードでは、登場直後から-2能力と相性の良い硬化した鱗に採用された。イニストラードを覆う影ブロック発売によるローテーション後は緑白トークンの主力として、さらに霊気紛争追加後は+1/+1カウンターとのシナジーを持つカードを豊富に擁する黒緑巻きつき蛇で採用されている。+1能力のトークン生成も、ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegadeの能力でマナ・クリーチャーに化けるため重要。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

アシャヤ/Ashayaの導きによってゼンディカー/Zendikarの魂との繋がりを得たニッサ/Nissaエルドラージ/Eldraziとの戦いの中で出会った3人のプレインズウォーカー/Planeswalkerゲートウォッチ/The Gatewatchを結成する。

詳細はニッサ・レヴェイン/Nissa Revane (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif