ヘリオッド/Heliod

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヘリオッド/Heliodテーロス・ブロックのキャラクター。カードとしてはテーロス太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sunが初出。

目次

[編集] 解説

テーロス/Therosの一柱で、マナに関連する大神。男性。櫛状に枝分かれした2本の角を持つ(イラスト)。

太陽の神であり、世界に日の光をもたらしている。彼の存在は空を光で満たし、定命の者がニクス/Nyxに接触することを防いでいる。

法、正義、応報、血統の絆を司る神でもある。彼は一族の名誉、道徳と美徳の問い、弁論、婚姻、他者を守る英雄的行動、暁の食事、自己犠牲といった物事を統括する。その名はしばしば法的な議事録に用いられ、彼への生贄は大きな助力、もしくは厳格な正義が必要とされる時に捧げられる。

[編集] 性格

ヘリオッドは陽気で社交的な性格であり、気軽に友人を作り絆を結ぶが、その忠実さは移ろいやすいものである。今日の最大の盟友でさえ、明日彼の天罰の対象にならないとは限らない。

[編集] 持ち物

ヘリオッドは天上からテーロスのいかなる所にも放つことのできる太陽の槍、クルソー/Khrusorを所持する。埋もれた伝説によれば、それをもってアリクスメテス/Arixmethesという大都市が滅ぼされたこともあったという。

[編集] 信仰

太陽の恵みを享受する者、すなわちテーロスのほぼすべての者が彼に感謝をしている――少なくとも建前上の感謝をしている。その中でも特に献身的な崇拝者は、人間とラゴンナ団/The Lagonna Bandのケンタウルスである。太陽への礼拝のため、ヘリオッドの神殿の多くは屋上庭園を設けている。彼に関する最大の祝日は夏至である。

[編集] 経歴

[編集] テーロス

かつてプレインズウォーカー/Planeswalkerエルズペス・ティレル/Elspeth Tirelがテーロスにてを手に入れた日、彼女はヘリオッドの姿を目にしている。後にエルズペスは再びテーロスを訪れたが、その手に持つ剣はヘリオッドの注意を惹くことになった。彼はエルズペスこそが、この次元/Planeを救う英雄となる唯一の存在であると考えている。

[編集] 神々の軍勢

ゼナゴス/Xenagosが神の座を手に入れ、定命の者の世界とニクス/Nyxの境界が曖昧になり、次元全体が大混乱に陥った。正義の守護者たるヘリオッドはテーロスを救う責任を感じ、この次元に正しき秩序を取り戻すための準備を始めたが、その計画は多くの働きと、多くの犠牲を伴うものになるだろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

テーロス
ヘリオッドの選抜/Chosen by Heliodヘリオッドの福音者/Evangel of Heliodヘリオッドの使者/Heliod's Emissaryヘリオッドの試練/Ordeal of Heliodヘリオッドの槍/Spear of Heliod
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
基本セット2015
ヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrim

[編集] フレイバー・テキストに登場

神々の軍勢
太陽神の一瞥/Glimpse the Sun God大アカシカ/Great Hart性急な太陽追い/Impetuous Sunchaser
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
基本セット2015
ヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrim
From the Vault:Annihilation
神の怒り/Wrath of God

[編集] イラストに登場

神々の軍勢
日の出から日没/Dawn to Dusk、太陽神の一瞥/Glimpse the Sun God
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
From the Vault:Annihilation
神の怒り/Wrath of God
マジック・オリジン
アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akrosニクスの星原/Starfield of Nyx

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • モチーフの一つはギリシャ神話の主神ゼウス参考/翻訳)。また、太陽の神であることとヘリオッドという名前は、同神話の太陽神ヘーリオス(英:Helios)に由来するものと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif