Journey into Nyx: Godsend, Part II

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


'

著者
出版

Wizards of the Coast

価格


Journey into Nyx: Godsend, Part IIテーロス・サイクル2作目の小説。電子書籍のみで販売される。

著:Jenna Helland、表紙画:Tyler Jacobson2014年5月13日発売)

[編集] あらすじ

エルズペス/Elspethたちによってポルクラノス/Polukranosは倒され、テーロス/Therosの都市に平穏は戻ったかに思われた。しかし、ゼナゴス/Xenagosの恐るべき企みは成就しようとしていた。

[編集] 主な登場人物

プレインズウォーカー/Planeswalker
バント/Bant騎士であり、ミラディン/Mirrodin新ファイレクシア/New Phyrexiaへの抵抗勢力の一員であった人間女性。かつて少女の頃にパーフォロス/Purphorosを「盗んだ」因縁により、太陽の勇者となる。
スコラ谷/Skola Valeで「King Stranger(異邦王)」と呼ばれるサテュロス男性。自らとなることを企み、陰謀を巡らせる。
アラーラ/Alaraナヤ/Naya出身のナカティル/Nacatl男性。エルズペスの戦友であり、彼女を援助しにテーロスを訪れる。
トリトン/Tritonの姿をした謎の女性。
テーロスの神々
太陽の神であり、神々の王を自負している。
死の国を司る神。
鍛冶の神。ヘリオッドと対立しており、争いによってニクスを傷つけた罰として、記憶障害を起こしている。
地平の彼方の神。テーロス最古の神と言われており、謎に包まれている。争い始めた神々に「沈黙(the Silence)」を命じた。
狩猟の神であり、野生の動物を愛し保護する。
海の神。キオーラを簒奪者と考え、怒りを抱いている。
生と死の世界の境界にある河の渡し守である神。
欺瞞と嘘の神。
嵐と天啓の神。「沈黙」の宣告の間にもこっそりと信者の求めに応じて予見を与えている。
殺戮の神。「沈黙」を破り、人間たちの都市にミノタウルスの軍勢を送り込む。
勝利の神。アクロス/Akrosの守護神でもあり、その都市を巡って双子の神であるモーギスと対立する。
収穫、家庭、庇護の神。神々による争いには加わらなかった。
都市を守護する神。神々による争いには加わらなかった。
定命の領域
メレティス/Meletisの人間男性、ヘリオッドの神託者/Oracle。
アクロスの王。
アクロスの王妃。聡明かつ強大な魔力を持ち、ケラノスによって予見者としての力を与えられている。
セテッサ/Setessaの人間女性。ダクソスの古い知人であり、数々の武勇を誇る戦士。
不老のスフィンクスにして彷徨える預言者。男性。
  • Nikka Takis
アクロス/Akrosの地主の娘。人間の都市を守護するためにエルズペスと共に行動する。
  • Sarpedon
フィナックスの神託者、人間男性。

[編集] 参考

QR Code.gif