神討ち/Deicide

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Deicide / 神討ち (1)(白)
インスタント

エンチャント1つを対象とし、それを追放する。その追放されたカードが神(God)カードであるなら、そのコントローラーの墓地と手札とライブラリーから、そのカードと同じ名前を持つカードを望む枚数探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


トップダウン・デザインエンチャント除去呪文。通常は1マナ重い消去/Eraseだが、に対しては一掃/Scourのような効果を発揮する。

テーロス・ブロックの神サイクルはいずれも伝説のカードだが、青単信心海の神、タッサ/Thassa, God of the Seaなど4枚積みされるケースもあり、そういった相手にはキーカード1種類を完全に潰すことができるため強力。インスタントであるためクリーチャー・エンチャント強化オーラに強い点、追放するため破壊不能墓地からの回収に強い点も長所で、総じて優秀なエンチャント除去である。

スタンダードでは存在の破棄/Revoke Existenceとの比較になるだろう。アーティファクトを除去できる点や払拭/Dispel打ち消されない点ではあちらが上だが、インスタント性や神に効果的な点ではこちらが勝っている。また、タルキール覇王譚参入後は消去/Eraseも比較対象になる。こちらは消去の方が1マナ軽いため、メタ上に神を複数枚採用するデッキがどれだけ存在するかによるだろう。

「これで終わりです。」
エルズペス

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif