タッサ/Thassa

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タッサ/Thassaテーロス・ブロックのキャラクター。カードとしてはテーロス海の神、タッサ/Thassa, God of the Seaが初出。

目次

[編集] 解説

テーロス/Therosの一柱で、マナに関連する大神。女性。人間女性に様々な海の生物を組み合わせたような容姿を持つ(イラスト)。

海の神であり、水棲生物と海の深みの秘密を統括する。古の知識、ざわめき、緩やかな変化、内省、途方もない距離、長い航海、遠方への調査の神でもある。また潮の干満、潮流、さざ波、時の流れといった、繰り返される様式の神とみなされることもある。

[編集] 性格

タッサは現状に満足することはないが、変化を急ぐこともない。彼女が望むのは緩やかで発展的な変化であり、常に地形を作り変え、制度をひっくり返そうとしている。今の現実には決して興味を示さず、口を開くときには必ず未来のことを語る。

彼女は穏和な性格でめったに怒らないが、ひとたび激昂したなら止めることはできない。彼女の怒りは荒れ狂う波のように増大し、村々を押し流し、そして潮流とともに鎮まる。

[編集] 持ち物

タッサは二叉槍デケーラ/Dekellaを所持し、これを振るうことによって潮汐を操り、渦潮を起こす。伝説によれば、ある船乗りが敵の船団を滅ぼすためにデケーラを盗み出したが、その者は罰として一族もろともウナギに変えられてしまったという。

[編集] 信仰

タッサの崇拝者の大半は海棲種族トリトン/Tritonと沿岸都市メレティス/Meletis人間だが、探検、貿易、戦のために海に出る者も彼女を崇拝している。また貧しい者は魚や塩をもたらす存在として、裕福な者は真珠をもたらす存在として彼女を崇拝している。トリトンは彼女を他の神々の上に立つ存在と見なしているが、タッサ自身は彼らに直接の命令を下すことはあっても、偏愛を見せることはない。

プレインズウォーカー/Planeswalkerキオーラ/Kioraがテーロスに現れると、その強大な力を目の当たりにし、彼女をタッサの化身か使者だと思い込む者も現れるようになった。タッサはこれをあまり快く思っていない様子である。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

テーロス
タッサの二叉槍/Bident of Thassaタッサの試練/Ordeal of Thassaタッサの褒賞/Thassa's Bountyタッサの使者/Thassa's Emissary
神々の軍勢
タッサの拒絶/Thassa's Rebuff
ニクスへの旅
タッサの貪り食い/Thassa's Devourerタッサの激憤/Thassa's Ire

[編集] フレイバー・テキストに登場

テーロス
捕海/Griptide、タッサの褒賞/Thassa's Bounty、トリトンの財宝狩り/Triton Fortune Hunter
神々の軍勢
氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent海峡のクラーケン/Kraken of the Straits無効化/Nullifyニクス生まれのトリトン/Nyxborn Triton、タッサの拒絶/Thassa's Rebuff、圧倒的な波/Whelming Waveキオーラの追随者/Kiora's Follower
ニクスへの旅
神狩りの大ダコ/Godhunter Octopus大地への縫い止め/Pin to the Earth、タッサの貪り食い/Thassa's Devourer、タッサの激憤/Thassa's Ire
エターナルマスターズ
高波/Tidal Wave

[編集] イラストに登場

テーロス
解消の光/Ray of Dissolution(壁画)
ニクスへの旅
タッサの激憤/Thassa's Ire

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • モチーフはギリシャ神話の海の神ポセイドーンと、知恵と工芸の女神アテーナー参考/翻訳)。特にポセイドーンは性別こそ異なるものの、海神であることや、象徴的な武器として三叉矛を持つことから、モチーフの中心的存在と言ってよいだろう。名前は同神話の海を神格化した原初神、タラッサ(英:Thalassa)から取ったものと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif