神殿

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

神殿(Temple)は、テーロス・ブロックで登場した2色地形サイクル占術土地(Scry land)とも呼ばれる。


Temple of Enlightenment / 啓蒙の神殿
土地

啓蒙の神殿はタップ状態で戦場に出る。
啓蒙の神殿が戦場に出たとき、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。


必ずタップ状態で戦場に出るが、その際に占術1を行うことができる。

土地を並べるついでにライブラリー操作を行えるのは地味ながら優秀。とはいえ、タップインのデメリットも無視できるものではない。どちらかと言えばコントロール向けだが、当時のスタンダードでは貴重な2色地形ということもあり、ビートダウン系のデッキでも広く使われた。

友好色対抗色それぞれ5種類ずつの10枚サイクルであるが、登場順序は若干不均衡になっている。これは直前のラヴニカへの回帰ブロックでは半数のショックランドギルド門侵犯の5つ)が遅れて登場したことを踏まえ、その色の組み合わせテーロスで先に登場させたためである(下記リンク参照)。神々の軍勢では未登場の友好色3種類、ニクスへの旅では未登場の対抗色2種類が収録。

[編集] 該当カード

テーロス
神々の軍勢
ニクスへの旅

[編集] 参考

QR Code.gif