死の国/The Underworld

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

死の国/The Underworldテーロス/Therosの死者が住まう領域。

目次

[編集] 解説

知覚力のある定命の生命がテーロスで死んだなら、その者は世界を取り巻く大河/The Rivers That Ring the Worldを渡り、死の国へと行き着く。そこは死者のエレボス/Erebosが統べる、昼も夜もない永遠の灰色の領域だ。

死の国でも永遠の生が得られるわけではない。死者は記憶と自我を蝕まれ、やがて肉体をも蝕まれる。そして最後にはミゼラ/Miseraと呼ばれる崩れやすい像と化す(イラスト)。

死の国には死者だけでなく、エレボスがこの領域を守るために創り出した怪物、生者の領域から追放された怪物(イラスト)、自らの運命を憎むあまり、恐ろしい怪物に姿を変えた死者(イラスト)も住まう。中でも、タイタンは神々以前にテーロスを支配していた強大な存在であり、看守を務める運命の神クローティス/Klothysの下、死の国に永遠に封印されている。

ニクス/Nyxで死んだ者は死の国に行くことはない[1]。またテーロス出身者であっても、テーロス以外の次元/Planeで死んだならば死の国に行くことはない[2]

[編集] 領域

死の国は複数の領域に分かれており、生前の行いによって行き先が決まる。

  • イリーシア/Ilysia - 英雄として死んだ者が行く領域。他の場所と比べ穏やかで明るい(イラスト)。
  • ピュリアス/Phylias - つまらない一生を送った者が行く領域。惨めな退屈を味わい続ける(イラスト)。
  • アゴナス/Agonas - 不名誉な戦いを行った者が行く領域。闘技場で永遠に戦うことになる(イラスト)。
  • ネロノ/Nerono - 海の領域(イラスト)。
  • ティゼルス/Tizerus - エレボスの宮殿を擁する荒涼とした領域(イラスト)。

[編集] 脱出

何世紀にもわたり、多くの死者が死の国から脱出し、生者の世界に戻ってきた。彼らは蘇りし者/The Returnedと呼ばれる。

死の国からの最初の脱出者はフィナックス/Phenaxである。かつてヘリオッド/Heliodによって死の国に幽閉された彼は、エイスリオス/Athreosの外套に乗って共に世界を取り巻く大河を渡り、脱出を果たした。幻影で姿を隠していたため、エイスリオスもエレボスも彼を見つけることはできなかった――しかし、死者たちは彼の脱出劇を見ていた。こうして、「Path of Phenax(フィナックスの道)」と呼ばれる彼の脱出路を辿り、死の国から逃亡する者が現れるようになった。これが蘇りし者の起源である。

死の国からの脱出は、当然ながらエレボスやクローティスにとっては許されない行為である。フィラスキヤ/Phylaskiaと呼ばれる不死の兵が死の国の境界を守っており(イラスト)、クローティスの創造物である運命の工作員/Agents of Fateや、エイスリオスの番犬クノロス/Kunorosもまた脱出を阻止する役割を果たす。死の国を脱出しようとして捕らえられた者たちは、残された時間を懲罰のぬかるみ/The Mire of Punishmentの中で過ごすことになる(イラスト)。

しかし亜神を用いた神々の戦の結果、死の国と生者の領域との間に裂け目が開き、多くの死者や怪物が脱出を果たした。エルズペス・ティレル/Elspeth Tirelもこのときに脱出を目指した者の一人であり、最終的にエレボスの特別な計らいにより現世に帰還した。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

テーロス
死の国からの救出/Rescue from the Underworld死の国の歩哨/Sentry of the Underworld死の国のケルベロス/Underworld Cerberus
神々の軍勢
死の国の重み/Weight of the Underworld
ニクスへの旅
死の国の造幣工/Underworld Coinsmith
テーロス還魂記
死の国への引き込み/Drag to the Underworld死の国の突撃馬/Underworld Charger死の国からの脱出/Underworld Breach地獄界の夢/Underworld Dreams(地獄界として)、死の国の火/Underworld Fires死の国の憤怒犬/Underworld Rage-Hound死の国の衛兵/Underworld Sentinel

[編集] フレイバー・テキストに登場

テーロス
ヘリオッドの槍/Spear of Heliod蘇りし者の行進/March of the Returned殺人王、ティマレット/Tymaret, the Murder King
神々の軍勢
見捨てられし流れ者/Forsaken Drifters湿原霧のタイタン/Marshmist Titan金箔付け/Gild
ニクスへの旅
死の国の造幣工/Underworld Coinsmith
マジック・オリジン
トゲイノシシ/Prickleboar
統率者2015
ダクソスの苦悩/Daxos's Torment
テーロス還魂記
失われた群れのレオニン/Leonin of the Lost Pride高波の神秘家/Towering-Wave Mystic最後の死/Final Death葬儀/Funeral Rites下僕の復活/Minion's Returnぬかるみの捕縛/Mire's Graspサテュロスの悪知恵/Satyr's Cunning死の国の火/Underworld Fires終わりなき巣網のアラスタ/Arasta of the Endless Webイリーシアの女像樹/Ilysian Caryatid大食のテュポーン/Voracious Typhonエイスリオスの番犬、クノロス/Kunoros, Hound of Athreos死の国の衛兵/Underworld Sentinel

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • テーロス・ブロックでは将来の再訪に備え、意図的に死の国の描写を控えていた。その再訪となるテーロス還魂記では、エルズペスの死の国からの脱出に焦点が当たることから、死の国を描いたカードが多数登場した[3]
  • モチーフはギリシャ神話における冥府(underworld)。文字通り、地下深くにあると考えられていた。冥府の神ハーデースが統べている。
  • イリーシアのモチーフはエーリュシオンだろう。神々に愛された英雄の魂が暮らす、死後の楽園である。

[編集] 脚注

  1. Where It's At/それは「どこ」にあるMaking Magic 2019年3月11日 Mark Rosewater著)
  2. So what's the story with Gideon? He's from Theros...Blogatog 2020年1月7日)
  3. At Death's Door, Part 1/死の扉にて その1(Making Magic 2020年1月2日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif