フェイに呪われた王、コルヴォルド/Korvold, Fae-Cursed King

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Korvold, Fae-Cursed King / フェイに呪われた王、コルヴォルド (2)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) 貴族(Noble)

飛行
フェイに呪われた王、コルヴォルドが戦場に出るか攻撃するたび、他のパーマネント1つを生け贄に捧げる。
あなたがパーマネント1つを生け贄に捧げるたび、フェイに呪われた王、コルヴォルドの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。

4/4

Brawl DeckのSavage Hunger統率者。貢物を要求し、引き換えに+1/+1カウンタードローを与える伝説のドラゴン貴族

黒赤緑3色という色拘束の5マナ4/4飛行ETB攻撃のたびに生け贄を求められるペナルティ能力付きと見るとお世辞にも優秀とは言い難い。しかし十分にパーマネントを確保できる適切なデッキであれば一転、脅威として成長し続けるドローエンジンと化す、デッキを選ぶ癖の強いクリーチャー戦場に出たときにも能力誘発するため実質的にキャントリップ付きの5/5として登場でき、6/6として攻撃を開始できるため見た目以上にクロックが早い。生け贄に捧げるパーマネントの種別は問わないので土地を差し出し続けるだけでも仕事は十分に果たせるが、土地を減らすとドローしたカードを有効活用できないというジレンマに陥るためやはりトークンなどを活用したい。魔女のかまど/Witch's Oven寓話の小道/Fabled Passageなど、パーマネントの数を減らさずに能力を誘発できるカードは相性が良い。

エルドレインの王権にはお誂え向きに食物トークン生成するカードが豊富に収録されており、その多くが黒緑に割り振られているため適切なデッキを構築することは難しくない。登場時点のスタンダードでは複数の生け贄エンジンと共にジャンド・サクリファイスに採用されている。

[編集] ルール

  • 生け贄に捧げることを要求する能力と、生け贄に捧げることで誘発する能力は別個の能力である。前者の能力がスタックにある内にコルヴォルドが戦場を離れてしまったなら、あなたはパーマネントを1つ生け贄に捧げなければいけないがその結果何も起こらない。
  • 呪文や能力のコスト支払うためにパーマネントが生け贄に捧げられたなら、コルヴォルドの能力は、その呪文や能力よりも先に解決される。呪文や能力の解決中にパーマネントが生け贄に捧げられたなら、その呪文や能力の解決が全て終わった後に、コルヴォルドの能力がスタックに置かれる。
  • コルヴォルド自身を生け贄に捧げた場合も、能力は誘発する。またあなたがコルヴォルドと同時に生け贄に捧げた各パーマネントについても、能力は誘発する。
  • レジェンド・ルールは単に墓地に置くだけであり、生け贄に捧げることによる能力は誘発しない。一方、同じ状況起因処理でも最終章を迎えた英雄譚は生け贄に捧げられるので能力を誘発させる。
  • 虚空の力線/Leyline of the Void静寂をもたらすもの/Hushbringerの影響下でも、生け贄に捧げることによる誘発型能力は誘発する。
  • Magic: The Gathering Arenaでは、戦場に出たとき他に誘発した能力が無い場合ETB能力の解決まで進んでしまう。魔女のかまどでクリーチャーを食物に変えてから生け贄に捧げたい場合などは、戦場に出す前にフル操作モードにしておく必要がある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権のBrawl Deck限定収録の伝説のクリーチャーサイクル。各Brawl Deckの統率者で、いずれも3神話レア

[編集] ストーリー

コルヴォルド/Korvoldエルドレイン/Eldraineの元人間。男性。フェイ/Faeに呪われてドラゴンと化し、終わらない飢えに苦しめられている[1]

[編集] 参考

  1. Brawl Deckの解説より。
QR Code.gif