ドラフト点数表/破滅の刻

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次


[編集]

6点 英雄的行動/Act of Heroism - C
奇襲ブロック、督励解除など使い所の多いコンバットトリック。
7点 尽きぬ希望のエイヴン/Aven of Enduring Hope - C
3点ライフゲインと3/3飛行のサイズは戦場に無視できない影響を与える。
6点 不屈のエイヴン/Dauntless Aven - C
攻撃時に味方生物をアンタップする中堅フライヤー。前がかりに督励を使っていくデッキでは優秀。
6点 廃却するミイラ/Disposal Mummy - C
3マナ2/3の基本スペック、墓地対策、ゾンビ部族。全て上手く役立てられるなら優秀。
6点 デジェルの拒絶/Djeru's Renunciation - C
2体タップでお手軽なエンドカードとして機能する。前掛かりなデッキであれば最後のひと押しとして使いやすい。
5点 従順な召使い/Dutiful Servants - C
2/5の壁担当。堅牢ではあるが、ゾンビシナジーを活かせないならやや力不足。
5点 王神の信者/God-Pharaoh's Faithful - C
ライフゲインの機会は多く、守備的なデッキなら採用の価値はある。結構アグロを止められる。
5点 ミイラの大王/Mummy Paramount - C
基本的には熊。ゾンビデッキなら採用価値はあるだろう。
7点 オケチラの報復者/Oketra's Avenger - C
2マナパワー3のウィニーアタッカー。督励で攻めを継続しやすい。
7点 砂爆破/Sandblast - C
優秀なレンジストライク系除去。色が合うなら確実に入るだろう。
6点 孤高のラクダ/Solitary Camel - C
砂漠シナジーの利用が前提。3/2絆魂なら良い戦力。
6点 不動の歩哨/Steadfast Sentinel - C
4マナ2/3警戒は微妙だが、永遠で戻ってくる点まで含めれば十分実用的。
6点 王神の天使/Angel of the God-Pharaoh - U
ダブルシンボル6マナと重めだが、4/4飛行は有力な戦力。
8点 砂漠の拘留/Desert's Hold - U
砂漠シナジー込みでかなり強力な疑似除去。環境柄エンチャントは割られづらい。
5点 ギデオンの敗北/Gideon's Defeat - U
同色対策。サイドボードとしては優秀。相手に警戒されにくいのも魅力。
6点 救済の恩寵/Saving Grace - U
トリッキーな濃霧系のオーラ。意表のつけるコンバットトリックであり、悪くない性能。
7点 結束に仕える者/Steward of Solidarity - U
トークン生産装置。アンタップ手段を別途用意できると非常にコスパが良い。
8点 陽光鞭の勇者/Sunscourge Champion - U
白のトップアンコモン。基礎的なスペックにトータル6点のライフゲインと、アドの塊。
7点 型破りな戦術/Unconventional Tactics - U
ゾンビや不朽・永遠を使うことで強烈なダメージソースになる。1回でも使い回せれば相手は悶絶するだろう。
7点 信義の侍臣/Vizier of the True - U
督励時のタップによって、膠着場を打開してくれる優秀なアタッカー。
8点 典雅な襲撃者/Adorned Pouncer - R
永遠での5マナ4/4二段攻撃がとにかく強烈。
9点 糾弾の天使/Angel of Condemnation - R
4マナ3/3飛行警戒の優秀なスタッツに加え、明滅、追放除去が強烈。除去されなければゲームを取れる。
5点 目を開いた者、デジェル/Djeru, With Eyes Open - R
5マナ4/3警戒。コモンだとしても戦力としては正直苦しい。
8点 啓示の刻/Hour of Revelation - R
強力なリセット手段。破壊であるため、神や不朽持ちの脅威は残すが、全体除去手段は貴重。
8点 オケチラ最後の慈悲/Oketra's Last Mercy - R
ライフを得るだけ、実質6マナ以上とはいえ、20点近いゲインは相手のゲームプランを崩壊させるパワーがある。
4点 厳粛/Solemnity - R
リミテッドでは-1/-1カウンターを置かれなくなる程度のメリットしか得られず、それにスロットを割くかというと。
9点 冠毛の陽馬/Crested Sunmare - M
単純にサイズに優れる。1体でも増やせれば宇宙。絆魂持ちなど、ライフゲイン手段を優先的に集めていきたい。
8点 圧倒的輝き/Overwhelming Splendor - M
環境にエンチャントを割る手段は少なく、置くことが出来ればほぼ勝利確定。

[編集]

8点 空からの導き手/Aerial Guide - C
青のトップコモン。攻めを維持できる状況を作れれば非常に強力なクロックを作れる。
6点 エイヴンの葦原忍び/Aven Reedstalker - C
2/3瞬速飛行。4マナのコモンとしては文句のない性能。
6点 相殺の風/Countervailing Winds - C
終盤の勝負どころでは確定カウンターのように用いられる。序盤に邪魔ならサイクリングすればOK。
6点 狡猾な生き残り/Cunning Survivor - C
捨てる手段が乏しいと戦力としては微妙。ピックするからにはきちんとサイクリングを集めたい。
4点 実績ある戦闘員/Proven Combatant - C
1/1のサイズでどうやって永遠衆に潜り込んだのか。
4点 最後の明日の予見者/Seer of the Last Tomorrow - C
3マナ1/4とライブラリ破壊能力。カードアドバンテージの面では大損するため、ライブラリアウト戦術を狙うなら。
7点 呪文織りの永遠衆/Spellweaver Eternal - C
2マナ2/1果敢に加虐2と青とは思えないほど充実したスペックを持つ小型生物。コモンの基本戦力。
6点 巧みな軍略/Strategic Planning - C
軽く、見られる枚数が多く、使いやすいドロースペル。
6点 縞カワヘビ/Striped Riverwinder - C
シンプルな呪禁5/5ファッティ。もう一声サイズは欲しいが、ある程度頼りにはなる。
7点 悲劇的教訓/Tragic Lesson - C
3マナでインスタントタイミングで使える2ドローと、性能は結構高い。息切れした終盤であれば土地を戻すテンポ損も許容範囲。
7点 抑え難い渇き/Unquenchable Thirst - C
砂漠があるなら軽く、使いやすい疑似除去として優秀。
6点 送還/Unsummon - C
不朽、永遠など狙い先は多い。
8点 厳しい事実の永遠衆/Eternal of Harsh Truths - U
知恵の蛇の亜種の中でもトップクラスに強力。除去を切らせられるだけの強さはある。
7点 空想の脅威/Imaginary Threats - U
ブロックをこじ開けるエンドカード。劣勢時は使いづらいが、便利。
5点 ジェイスの敗北/Jace's Defeat - U
対青用サイドボード。
8点 不吉なスフィンクス/Ominous Sphinx - U
4/4飛行が弱いわけもない。アタッカーとしてもブロッカーとしても性能が高い、青の主戦力。
6点 謎変化/Riddleform - U
2~3回はクリーチャー化させたいところ。起動型能力もマナフラッド受けになり、悪くない。
6点 しなやかな打撃者/Sinuous Striker - U
素出しは弱いため、永遠させることを前提に優先的に墓地送りにしたい。
7点 至高の意志/Supreme Will - U
カウンター、ドロー、どちらのモードも便利。
8点 選定の侍臣/Vizier of the Anointed - U
不朽、永遠持ちを墓地送りに出来、本体のスタッツも悪くなく、アドを稼げる強力な生物。
8点 機知の勇者/Champion of Wits - R
アドの塊。永遠まで持ち込みたい。
3点 正気減らし/Fraying Sanity - R
ライブラリアウト戦術を取るなら非常に強烈なカードだが、環境柄難しい。
7点 永遠の刻/Hour of Eternity - R
5マナ4/4、7マナで4/4×2のどちらでも元は取れている
7点 ケフネト最後の言葉/Kefnet's Last Word - R
コントロールの永続奪取。ボムレア対策として頼りになる。
8点 敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist - R
パワー3の瞬速・飛行戦力であり、普通に使っても十二分に強い。
3点 大群の諜報/Swarm Intelligence - R
流石に使うタイミングが無いだろう。
9点 羊頭スフィンクスの君主、アネシ/Unesh, Criosphinx Sovereign - M
スフィンクスが何体も出ることはそうそうないが、単体でも度し難いアドを稼ぐフィニッシャー。

[編集]

6点 屍肉の金切り声上げ/Carrion Screecher - C
3/1飛行が4マナとコスパはかなり悪いが、飛行持ちのゾンビは貴重。
6点 忌まわしい生き残り/Grisly Survivor - C
何はなくとも3マナ2/3と標準的なサイズ。頭数には計算できる。
5点 ケンラの永遠衆/Khenra Eternal - C
ほとんど単なる熊。2マナ域の頭数。
7点 致死の一刺し/Lethal Sting - C
3マナ確定除去。-1/-1カウンターをメリットに転換できたりすると非常に美味しい。
5点 よろけ腐り獣/Lurching Rotbeast - C
4マナ4/2バニラは戦力としては物足りない。サイクリングのシナジーを活かしたい。
7点 無法の斬骨鬼/Marauding Boneslasher - C
3マナ3/3は攻め手としては十分優秀。
4点 呻きの壁/Moaning Wall - C
タフネス5の守備力は無視できないとはいえ、サイクリング目当てでのピックになるだろう。
8点 廃墟ネズミ/Ruin Rat - C
不朽、永遠持ちを無力化する2マナ1/1接死。黒を使うなら入れて損は無い。
7点 魂のたかり屋/Scrounger of Souls - C
3/4のスタッツに絆魂がいやらしい。中盤を支える優秀な戦力。
8点 毒の責め苦/Torment of Venom - C
環境トップクラスの除去。ダブルシンボルのみが欠点。
5点 弱点消し/Without Weakness - C
P/T修整がないため、コンバットトリックとしては微妙。サイクリングまで活用したい。
5点 不憫なラクダ/Wretched Camel - C
砂漠が無いと2マナ2/1バニラという点が痛く、使い勝手はあまり良くない。
6点 呪われた大群/Accursed Horde - U
マナは食うものの攻めてる局面では強力。4マナ3/3の時点でそれなりに強い。
8点 禍鞭の懲罰者/Banewhip Punisher - U
1枚で色々と美味しすぎる最強格の除去。
7点 大災厄/Doomfall - U
布告除去、手札破壊ともに腐ることは少なく、使い勝手の良いカード。追放なのもありがたい。
5点 リリアナの敗北/Liliana's Defeat - U
対黒サイドボード。
6点 無慈悲な永遠衆/Merciless Eternal - U
パンプアップで牽制できる3マナ2/2。ゾンビである点などを活かしておきたい。
6点 ラザケシュの儀式/Razaketh's Rite - U
サイクリング付きのサーチ呪文。ボムレアを引けているなら入れて損は少ない。
6点 スカラベの責め苦/Torment of Scarabs - U
置くタイミングが難しいが、3ターンも維持できると馬鹿にならない影響を発揮し始める。
5点 不快の顕現/Vile Manifestation - U
基本的に弱いカードだが、サイクリングをかき集めると途端に凄まじいコストパフォーマンスを発揮する。
9点 アムムトの永遠衆/Ammit Eternal - R
ただ強の3マナ生物。ゾンビである点も強力。
5点 黙示録の悪魔/Apocalypse Demon - R
生け贄を供給するのが難しく、何らかの補助が無いと使いづらさが目立つ。
8点 バントゥ最後の算段/Bontu's Last Reckoning - R
リミテッドでの全体除去は常に強力。3マナの軽さが生きる局面より、土地アンタップ制限のデメリットが目立つシーンは多いが。
6点 夢盗人/Dreamstealer - R
ハンデスがついてくるとはいえ、3マナ1/2威迫は流石に弱い。永遠での運用を前提とするべきか。
8点 栄光の刻/Hour of Glory - R
破壊不能、BIG持ちなども気にせず処理できる性能の高い追放除去。
8点 霰炎の責め苦/Torment of Hailfire - R
X=5あたりから化け始める。エンドカードとしての威力は十分。
8点 穢れた血、ラザケシュ/Razaketh, the Foulblooded - M
重さは目立つが、出せさえすれば文句なしに強烈なフィニッシャー。

[編集]

6点 かすむ刀剣/Blur of Blades - C
除去としては修整が少ないが、本体ダメージが入る点が優秀。コンバットトリックとして使いたい。
4点 突破/Crash Through - C
役に立つタイミングは少ない。
5点 果敢なケンラ/Defiant Khenra - C
ただの熊。2マナ域が足りない時の頭数程度。
7点 火付け射手/Firebrand Archer - C
地味ながら3~4点持っていってくれることもあり、前がかりなデッキであれば心強いサブウェポンになる。
8点 前線の壊滅者/Frontline Devastator - C
4マナ3/3+加虐+ブレスと、全体に性能が高い。赤のメイン戦力の一つ。
8点 金色のセロドン/Gilded Cerodon - C
砂漠があればフィニッシャー。
6点 花崗岩のタイタン/Granitic Titan - C
色拘束も含めてやや重い。
8点 ケンラの潰し屋/Khenra Scrapper - C
3マナ域全体でも優秀な生物。督励しなくても2/3威迫の時点で優秀。
6点 火をつける怒り/Kindled Fury - C
1マナのコンバットトリック。構えやすい点を重視するなら。
7点 発射/Open Fire - C
たとえ3マナであっても本体にも打てる3点火力は十分強い。
7点 穿刺の一撃/Puncturing Blow - C
大物であっても追放させられる強力な除去。
6点 棘モロク/Thorned Moloch - C
守勢時の弱さが目立つが、アタッカーとしてはそこそこ。
8点 削剥/Abrade - U
入れない理由が無い。
8点 燃え拳のミノタウルス/Burning-Fist Minotaur - U
先制攻撃とパンプアップの組み合わせは非常に強力。赤を使うならまず外さない。
5点 チャンドラの敗北/Chandra's Defeat - U
対赤サイドボード。赤の生物は大体沈められる。
6点 熱烈の苦悶術師/Fervent Paincaster - U
相手のガードが下がっていれば3点、攻撃できなくても1点、いざとなれば督励しながらタフ4まで相討ちと、見た目より強い。
5点 業火の噴流/Inferno Jet - U
6マナは流石に重いが、これの直撃を読んでプレイする人は少なく、奇襲性は非常に高い。
5点 マグマロス/Magmaroth - U
-1/-1カウンターのシナジーを活かせるなら候補になるが、あまり使いやすいとはいえない。
7点 マンティコアの永遠衆/Manticore Eternal - U
高いパワーと加虐値でゴリゴリライフを削ってくれる赤のフィニッシャー候補。
8点 砂かけ獣/Sand Strangler - U
砂漠が必要だが、ただ強カード。
8点 混沌の大口/Chaos Maw - R
分かりやすいボムレア。
8点 地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra - R
永遠で戻ってくる点も含めて、かなり優秀な2マナアタッカー。
5点 ハゾレトの終わりなき怒り/Hazoret's Undying Fury - R
劣勢時にヤケクソで打つカード。
9点 破滅の刻/Hour of Devastation - R
信頼性の高いリセット呪文。神やPWなどに触れる貴重なカード。
1点 差し迫る破滅/Imminent Doom - R
《プリズム結界/Prism Array》以来のカスレア。
8点 野火の永遠衆/Wildfire Eternal - R
基本的にブロックせざるを得ないが、パワー4以上に立たれると途端に苦しい。
9点 永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal - M
4/6加虐3のスタッツが非常に攻撃的。確定除去以外では落ちない。

[編集]

8点 待ち伏せ/Ambuscade - C
コモンの除去としては環境トップクラスの性能。緑なら絶対使う。
5点 砂の下から/Beneath the Sands - C
サイクリング付きの土地加速。デッキの方向性が定まってからのピックで間に合う。
8点 苦弓の名射手/Bitterbow Sharpshooters - C
緑の《セラの天使/Serra Angel》。大半のコモンフライヤーを封殺でき、攻防に非常に存在感がある。
5点 残忍な野猫/Feral Prowler - C
デッキの方向性次第だが、積極性に欠けるため優先度は低い。
7点 エリマキサンドワラ/Frilled Sandwalla - C
ちらつかされるパンプアップが案外厄介な生物。下手な2マナよりよほど強力。緑で攻撃的に行くなら是非ピックしておきたい。
6点 活力の贈り物/Gift of Strength - C
ほぼ2マナの《巨大化/Giant Growth》。守備的に使うには修整値が大げさか。
6点 侵略ナーガ/Harrier Naga - C
3マナ3/3。弱くはないが、そこまで強いかというと微妙なライン。
5点 人生は続く/Life Goes On - C
わずか1枚で8点ゲイン出来る。アグロ相手のサイドボードとしては優秀。
7点 オアシスの祭儀師/Oasis Ritualist - C
一気に任意の色の2マナを出せる優秀なマナクリ。2/4のサイズも優れており、ボムを使いやすくなる。
7点 猛り狂うカバ/Rampaging Hippo - C
コモンのフィニッシャー候補。環境の火力では焼けないタフネス6が偉い。
6点 ロナスの重鎮/Rhonas's Stalwart - C
コモンの主戦力。督励で3点押し込めるため、終盤でも仕事ができる。
6点 横這ナーガ/Sidewinder Naga - C
砂漠があれば3マナ4/2トランプル。タフネスに不安があるが、十分カード1枚分の仕事はできる。
8点 活力の信奉者/Devotee of Strength - U
膠着場をゴリ押しできる強力なシステムクリーチャー。
5点 砂丘の易者/Dune Diviner - U
サイズ、能力ともインパクト不足。
6点 希望守り/Hope Tender - U
やや効率は悪いがマナ加速が出来る2マナは重要。
3点 ニッサの敗北/Nissa's Defeat - U
狙える対象が少なすぎて、対緑のサイドボードとしても使い勝手が悪い。
6点 超克/Overcome - U
除去が多く、横にずらずらと並べる戦術が取りづらいため、案外エンドカードとしては使いづらい印象。
7点 採石場の甲虫/Quarry Beetle - U
4/5のサイズがとりあえずは貴重。
8点 選別ワーム/Sifter Wurm - U
回復、ドロー、巨大なサイズで敗勢を覆してくれる強力な生物。
8点 強靭な狩り手/Tenacious Hunter - U
4マナ4/4警戒接死はとにかく強い。シナジーするカードの多くがアモンケットのものなのが難か。
7点 約束の刻/Hour of Promise - R
使うなら砂漠は3枚以上ピックしておきたい。
9点 誇り高き君主/Pride Sovereign - R
相手が除去できなければこちらの勝ち。
5点 ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator - R
リミテッドで十分にシナジーを形成するのは難しく、活用しようにも迂遠。
8点 ラムナプのハイドラ/Ramunap Hydra - R
5/5まで行くと貫禄がある。非常に強力。
8点 立て直しのケンラ/Resilient Khenra - R
永遠で戻せて+αもある強力な熊。色が合うなら十分な性能。
7点 ロナス最後の抵抗/Rhonas's Last Stand - R
バウンスが天敵で、コストも重いが、序盤に出てくる5/4を止めるのは至難の業でイージーウィンできる可能性もある。
8点 威厳ある万卒隊長/Majestic Myriarch - M
劣勢をまくれる性能ではないが、サイズの成長速度が凄まじく、フィニッシャーとしては十分強い。
8点 生類解放/Uncage the Menagerie - M
消耗戦の末に、3マナ生物を3枚サーチされたりすると相手は泣きたくなるだろう。

[編集] 多色

7点 ほころびミイラ/Unraveling Mummy - U
ややテンポ面では微妙とはいえ、絆魂も接死も強力な能力。ゾンビデッキでは中心戦力。
10点 スカラベの神/The Scarab God - M
2~3ターン維持できればほぼ勝ち。
7点 血水の化身/Bloodwater Entity - U
3マナ2/2飛行+果敢は色が合うなら十分戦力としてカウント出来る。除去の再利用などまで繋がれば理想。
9点 蝗の神/The Locust God - M
大量のフライヤーで盤面を支配する。トランプラーがいなければ、そのうち押し切れる。
10点 蠍の神/The Scorpion God - M
圧倒的な制圧力。これ1枚で勝てる。
8点 オベリスクの蜘蛛/Obelisk Spider - U
非常に頼りになる守備要員。多くのコモンフライヤーを止められるため、タッチしても使う価値がある。
9点 試練を超えた者、サムト/Samut, the Tested - M
ノーコストの二段攻撃付与は非常に強力。除去のオプションもあり、腐ることはない。
7点 毅然たる生き残り/Resolute Survivors - U
3マナ3/3+αで、色が合うなら主力級。アモンケット側で督励持ちを揃えたい所。
9点 王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh - M
マイナス能力での奇襲性、プラス能力のアドバンテージなど、流石に神話レアは何をしても強い。

[編集] 分割カード

8点 農場+市場/Farm+Market - U
表だけでも《砂爆破/Sandblast》以上の性能。白を使うなら優先的にピックして良い。
7点 徙家+忘妻/Consign+Oblivion - U
両面あわせてきっちりアドを取れる優秀なスペル。
6点 立身+出世/Claim+Fame - U
奇襲性がある軽量リアニメイト呪文。回避能力持ちを戻せると良いダメージソースに。
8点 捲土+重来/Struggle+Survive - U
捲土が十二分に優秀な除去。重来も不朽や永遠の対策にならないこともない。
8点 旗幟+鮮明/Appeal+Authority - U
3マナで使えるエンドカード。色が合わせられるなら強力。
3点 雲遊+萍寄/Leave+Chance - R
熊でも入れておいた方がマシ。
6点 大義+名分/Reason+Believe - R
大義の1マナ占術3は潤滑油として悪くない。両方を確実に使い切るチャンスが少ない
8点 翦草+除根/Grind+Dust - R
とりあえず1:2交換は確定で、他の-1/-1カウンター設置手段と合わせれば、1枚で何体も除去できる優秀なスペル。
4点 機略+縦横/Refuse+Cooperate - R
機略の打ちどころが難しい。本体へのバーン手段が欲しければ有りではある。
8点 悪戦+苦闘/Driven+Despair - R
2体ほど攻撃が通るなら十分すぎるアドを得られる。膠着打開からフィニッシュまで使いやすい。

[編集] アーティファクト

5点 彫像の忌まわしき者/Graven Abomination - C
-1/-1カウンターに弱く、メインのアタッカーとしては頼りない。色を問わない墓地対策ではある。
7点 マナリス/Manalith - C
多色化の友。置くタイミングは難しいが、重めのカードを使うなら価値は高い。
7点 旅行者の護符/Traveler's Amulet - C
多色化の友。軽量で邪魔をしないため、3色使うなら取っておきたい。
6点 忘れられた王族の壁/Wall of Forgotten Pharaohs - C
アグロにとっての鬼門。これ1枚で相当な点差をつけられてしまうこともある。シールドで強い。
6点 没収の曲杖/Crook of Condemnation - U
余波、不朽、永遠と対策すべきカードは多く、1枚ピックしておくと安心。
6点 蓋世の英雄の短剣/Dagger of the Worthy - U
タフネスへの修整がないため、地上戦力につけてもイマイチパッとしないことが多い。フライヤーが多ければ有り。
7点 黄昏のピラミッド/Sunset Pyramid - U
キャストも起動も2マナと軽く、コントロールでは優秀な置物。
3点 見捨てられた石棺/Abandoned Sarcophagus - R
サイクリングシナジーデッキ専用。
8点 王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift - R
やや重いが戦場へのインパクトは十分。毎ターン4/4速攻が追加されて困らない相手はいない。
7点 虚ろな者/Hollow One - R
5マナ4/4の時点である程度実用に耐える。
6点 蜃気楼の鏡/Mirage Mirror - R
ボムレアをコピーして睨み合いにしたり、頼りになる場面はあるが、やや重い。

[編集] 土地

6点 熱烈の砂漠/Desert of the Fervent - C
砂漠を参照するカードは多いため、合計3枚くらいあると安心。
6点 栄光の砂漠/Desert of the Glorified - C
砂漠を参照するカードは多いため、合計3枚くらいあると安心。
6点 不屈の砂漠/Desert of the Indomitable - C
砂漠を参照するカードは多いため、合計3枚くらいあると安心。
6点 周到の砂漠/Desert of the Mindful - C
砂漠を参照するカードは多いため、合計3枚くらいあると安心。
6点 信義の砂漠/Desert of the True - C
砂漠を参照するカードは多いため、合計3枚くらいあると安心。
7点 生存者の野営地/Survivors' Encampment - C
5色提供してくれる優秀な砂漠。
7点 永遠衆の墓所/Crypt of the Eternals - U
3色提供してくれる優秀なマナフィルター砂漠。一色合うなら取る価値がある。
4点 死者の砂丘/Dunes of the Dead - U
能動的に墓地送りにする手段がほぼ無く、単なる無色の砂漠になるケースが多い。
7点 ハシェプのオアシス/Hashep Oasis - U
土地から打点に繋がるのは強力。砂漠であり、緑を使うならピック価値は高い。
8点 イフニルの死界/Ifnir Deadlands - U
土地スロットから除去を打てるのは非常に強力。
6点 イプヌの細流/Ipnu Rivulet - U
青を使うなら砂漠スロットとして。LOを勝ち手段にするのは現環境では厳しめ。
7点 ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins - U
砂漠としてカウントされながら、色マナを出せて、本体火力が打てると便利なカード。
6点 シェフェトの砂丘/Shefet Dunes - U
最後のひと押しとして使える砂漠。色が合うなら十分使える性能。
5点 終わりなき砂漠/Endless Sands - R
除去からの避難は有用に見えるが、3マナ浮かせるのは難しく、無色しか出せない点もやや不安。
6点 敵意ある砂漠/Hostile Desert - R
墓地に砂漠を送れなければ起動は出来ない。3色以上使う場合は、採用は悩まれるところ。
6点 屍肉あさりの地/Scavenger Grounds - R
メインから入れられる墓地対策として、活用の機会はある。色事故が気にならないなら。

[編集] 参考

QR Code.gif