栄光の刻/Hour of Glory

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hour of Glory / 栄光の刻 (3)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。そのクリーチャーが神(God)であったなら、それのコントローラーは自分の手札を公開し、その中からそのクリーチャーと同じ名前を持つカードをすべて追放する。


の刻は、クリーチャー単体除去対象の場合、手札にある同名の神も追放する。

インスタントの追放除去であり、最後の報賞/Final Rewardが1マナ軽くなった上位互換効果自体は申し分ないが、4マナは単体除去としては重い。追加効果も手札限定のため、対象カードが4枚積みされていた場合でも期待値は低い。とはいえ、破壊不能や手札に戻る能力を持つ神を確実に除去できるため、サイドボードに数枚の採用は検討できるだろう。

リミテッドでは追加の効果が発揮されることはほとんどないだろうが、単純に除去として優秀。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

破滅の刻の「刻/Hour」サイクル。いずれもレアで、注目のストーリーカードである。

カード名とストーリー上の順番は刻の書/The Accounting of Hours に記された4つの刻/Hourに対応しており、それらの後に「破滅の刻/Hour of Devastation」が来る構成になっている。

[編集] ストーリー

破滅の刻注目のストーリーの2枚目。

「栄光の刻/The Hour of Glory」は預言に伝わる第二の刻/Hourで、試練を達成できなかった定命の者に最後の機会が与えられ、神々自身もその力を試されるとされている。

ラザケシュ/Razaketh血魔術の儀式により、死滅都市に流れ込んだ血が封印されていた三柱の神を目覚めさせ、「栄光の刻」が始まった。来世への門/Gate to the Afterlifeを潜り抜けた蠍の神/The Scorpion Godロナス/Rhonasは名乗りを上げて対峙し、これを圧倒する。一度は打ち倒す事に成功し、勝利を確信して定命の者に向き直ったその時、復活した蠍の神に身動きを封じられた彼は背後から頭部に針を突き立てられ、神の不死性さえも侵すその毒によって絶命した(イラスト[1]

試練を司る神々も、蓋世の英雄にふさわしいかどうかを試されることになった。

[編集] 脚注

  1. Hour of Glory/栄光の刻(Magic Story 2017年6月21日 Michael Yichao著)

[編集] 参考

QR Code.gif