啓示の刻/Hour of Revelation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hour of Revelation / 啓示の刻 (3)(白)(白)(白)
ソーサリー

戦場に土地でないパーマネントが10個以上あるなら、啓示の刻を唱えるためのコストは(3)少なくなる。
土地でないパーマネントをすべて破壊する。


の刻は、土地以外のパーマネントリセットボタン戦場に土地を除いて10個以上のパーマネントが存在するなら、3マナ唱えることができる。

クリーチャーのみならずメインでは対処しにくいエンチャントアーティファクト、さらにプレインズウォーカーまでまとめて破壊できるのは非常に強力。覚醒ミシュラランドといったクリーチャー化する土地には対処できないが、逆にこれらのカードを自分で使うことで優位な盤面を作ることもできる。弱点となるのは重さと色拘束。高速ビートダウン相手に6マナ呪文が間に合うかは危ういところであり、トリプルシンボル多色デッキで使う際のネックになる。

コスト減少効果対戦相手トークンデッキでもない限り、こちらもパーマネントを展開しないと条件を達成することは難しい。元々マナ・コスト相応の効果ではあるが、狙うなら無私の霊魂/Selfless Spirit雲遊+萍寄/Leave+Chanceなどで自分が並べているクリーチャー達のみ破壊を免れたり、ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot霊気装置の設計図/Servo Schematicなど相性の良いカードと組み合わせたい。他の除去カードに擬似除去オーラの類を用いると対戦相手のクリーチャー数を減らさずして妨害が出来てパーマネント数稼ぎに貢献してくれる。一方多人数戦では特に意識しなくても条件を達成できる。この場合でもトリプルシンボルであることは変わらないため、多色デッキであればマナ基盤に相応の配慮が必要になる。

参入時のスタンダードでは白系コントロールがメタゲーム上で退潮していること、破壊不能を持つ絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hungerサイクルの採用頻度が高いこと、対抗色ミシュラランドラムナプの遺跡/Ramunap Ruinsといったダメージソースになる土地が存在することなど逆風の気はあるが、白黒コントロール青白コントロールに採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

破滅の刻の「刻/Hour」サイクル。いずれもレアで、注目のストーリーカードである。

カード名とストーリー上の順番は刻の書/The Accounting of Hours に記された4つの刻/Hourに対応しており、それらの後に「破滅の刻/Hour of Devastation」が来る構成になっている。

[編集] ストーリー

破滅の刻注目のストーリーの1枚目。

「啓示の刻/The Hour of Revelation」は預言に伝わる第一の刻/Hourで、来世への門/Gate to the Afterlifeが開き、すべての疑問が解けるとされている。

副陽/The Second Sun地平線の二つ角の間に入ったとき、預言通りに門が動き出し、「啓示の刻」が始まった。ナクタムン/Naktamun中から殺到した巨大な群集が、が、その一部始終を見届けた(イラスト)。

その瞬間、来世への門が開き、人々は王神の光に包まれてひれ伏した。

そこにあったのは、果てしない砂漠。死滅都市を除けばヘクマ/The Hekmaの外となんら変わりない、無の荒野が広がるばかりであった。人々と神に困惑が広がる中、門の向こうより強大な悪魔が飛来し、その血によってルクサ川/The Luxa Riverの流れを血のぬかるみに変えた[1]

  • 全体除去効果はこれから起こるナクタムンの破滅を、コスト減少は世界に人々が溢れることで破滅が起こりやすくなるさまを表している[2]

[編集] 脚注

  1. The Hour of Revelation/啓示の刻(Magic Story 2017年6月7日 Alison Luhrs著)
  2. Devastation Information, Part 2/『破滅』の情報 その2(Making Magic 2017年7月10日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif