圧倒的輝き/Overwhelming Splendor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Overwhelming Splendor / 圧倒的輝き (6)(白)(白)
エンチャント — オーラ(Aura) 呪い(Curse)

エンチャント(プレイヤー)
エンチャントされているプレイヤーがコントロールするクリーチャーは、能力をすべて失うとともに基本のパワーとタフネスが1/1になる。
エンチャントされているプレイヤーは、マナ能力でも忠誠度能力でもない能力を起動できない。


謙虚/Humilityと、影響範囲の広くなった減衰のマトリックス/Damping Matrixを足し合わせた呪い

ほとんどのパーマネントを一方的に無力化できるため、盤面を圧倒的に優位にできる。ビートダウンのようなパーマネントを多く展開するデッキに対しては特に有効。啓示の刻/Hour of Revelationのような全体除去と比較すると、エンチャント除去によって対処されることやクリーチャーチャンプブロックなど最低限の仕事をされる点で劣るが、自分のパーマネントには影響が無いことや後から展開されたパーマネントにも対処できる点で勝る。

効果は強力だが、最大の問題はその8マナという重さ。また忠誠度能力は止められないためほとんどのプレインズウォーカーには影響を与えず、マナ能力は問題なく使えるため手札呪文であっさりと破壊される可能性もある。

[編集] ルール

クリーチャーの能力を失わせると共に1/1にする能力の基本的ルールは謙虚/Humilityを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif