試練を超えた者、サムト/Samut, the Tested

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Samut, the Tested / 試練を超えた者、サムト (2)(赤)(緑)
プレインズウォーカー — サムト(Samut)

[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。ターン終了時まで、それは二段攻撃を得る。
[-2]:クリーチャーやプレイヤー、1つか2つを対象とする。試練を超えた者、サムトはそれらに、2点のダメージをあなたの望むように分割して与える。
[-7]:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードやプレインズウォーカー・カード最大2枚を探し、それらを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。

4

プレインズウォーカーとなったサムト/Samut忠誠度能力は、二段攻撃の付与、割り振り火力ライブラリーからのクリーチャーやプレインズウォーカーのサーチ+展開

+1能力
突撃のストロボ/Assault Strobe
コンバット・トリックなどには使えないが、単純に戦闘ダメージを倍化できるため、中型以上のクリーチャーに使って積極的にダメージに換えていきたい。当然、回避能力サボタージュ能力持ちとも相性が良い。
-2能力
二股の稲妻/Forked Bolt
小型クリーチャー焼くことでボード・アドバンテージを得ることができる。+1能力チャンプブロッカーで凌がれるようなら先にこの能力で対処したい。タフネス3以上のクリーチャーに対しては有効性が極端に落ちるが、プレイヤーにも割り振れるため、完全に腐ることはないのが救い。
-7能力
クリーチャーやプレインズウォーカーを最大2枚サーチし戦場に出す
ライブラリーに含まれる最も強力なクリーチャーやプレインズウォーカーを一度に2枚展開できるため、ゲームを大幅に有利にできる。栄光をもたらすもの/Glorybringerのような速攻と回避能力を備えたクリーチャーと併用すればそのまま勝利を狙えるだろう。

+1能力と-2能力はそれぞれ1マナソーサリー相当であり、さらに効果は彼我のパーマネントに大きく左右されてしまうため、これらのみでマナ・コスト分の働きをさせるのはいささか困難。歴代の多色の4マナプレインズウォーカー達と比べてカードパワーが頭一つ低く、デッキカラーデッキタイプが合っていても手放しで採用できるカードではないのが実情。構築で採用する際はメタゲームや他の選択肢とよく相談し、慎重に判断したい。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

蠍の神/The Scorpion Godとの死闘ののち、改めてハゾレト/Hazoretの愛に触れたことでプレインズウォーカー/Planeswalkerとして覚醒したサムト/Samut

詳細はサムト/Samutを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif