泥穴/Mudhole

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mudhole / 泥穴 (2)(赤)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の墓地にある土地カードをすべて追放する。


プレイヤー1人の墓地にある土地カード追放する呪文

追放するカードが土地に限定されており、しかも3マナ重いため非常に使いづらい。スレッショルド対策としては明らかに不足であり、土を食うもの/Terravore対策としても1人のプレイヤーの墓地からしか追放しないため不完全。初出時は使い道が少なく、しかもレアということで非常に評価が低かった。

後のエキスパンションにおいて、忘却蒔き/Oblivion Sower昇華者のような追放領域にある対戦相手オーナーであるカードを利用するカードや、世界のるつぼ/Crucible of Worlds壌土からの生命/Life from the Loam聖遺の騎士/Knight of the Reliquaryなど、墓地の土地カードを活用するカードが増えたことで多少はマシになった。しかしそれでもこの範囲の狭さと重さがネックであることに変わりはなく、より軽く範囲の広い墓地対策カードが多数存在する以上、使われることはまずないだろう。

  • アンヒンジドの登場で、ついにこのカードの意義が→Collector Protector
    • このカードが選ばれたのは効果との洒落も兼ねている(※当時は追放されたカードはゲームの外部にある扱いだった)のだろうが、いずれにしてもこのカードがカスレアというのはWotC公認らしい。

[編集] 参考

QR Code.gif